10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

お疲れ週末

2009/07/26
週末はobligatory tripで義理両親宅へ。

夫のおじいちゃん、伯父さん夫婦、伯母さん、弟NO1&その奥さん、そして弟NO2&その彼女、Rちゃん(この子は初対面!)が勢揃いでお出迎えー(汗)。

可愛そうにRちゃんは、義理パパ&ママ以外全員初対面。狼の群れの中へ放り込まれたような状態(爆)。でも、二十歳にしてはしっかりとした、しかもかなりサバけた感じの子で、さらっとみんなと馴染んでいました。さちにすっかり懐かれて、べったりまとわりつかれていました(笑)。いいのかなー、さち、自分のゴッドファーザーとゴッドマザーである義理弟NO1夫妻はほったらかしで、初対面のRちゃんにもう夢中(汗)。お庭でバーベキューした時に、Rちゃんが裸足だったのをみて、すぐさま自分の靴下と靴を脱いで、「ほら、私もおんなじよ。みてー」と嬉しそうにR嬢に絡むさち。どんなに小さな事でも共通点を見つける事が嬉しくてたまらないみたい。のどが渇いたといっては、Rちゃんにジュースを持ってきてもらい(私が持ってくるといったら「いや!Rちゃんがいいのっ」だって。はいはい…>汗)、お昼も取り分けてもらい、本を読んでもらい、何でもRちゃんの真似をする始末。弟NO2とRちゃん、半年ぐらい付き合っていて(たぶん)、仲もよさ気なのだけれど、どうやら今は「将来を考えた真剣交際」にはまだ足を踏み入れたくはないようです。こんなに懐いて,もし彼らが別れてしまったら、さち、どうするのだろう??と思わず心配になってしまったほど、R嬢に魅了されてしまったのですよ、さち。

それにしても、Rちゃんに「お水持ってきてもらえる、ベイブ?」と言われてそそくさと立ち上がる義理弟NO2の姿がかなり笑えました。うぷぷ、キミがベイブってか?←鬼姉。近頃の若者にしてはかなり純粋だった15の頃から知っているけれど(現在25歳)、笑える…。

夫の伯父さんはだんちんを見るなり(今回初対面)、「おっ?動くの?もうなんか芸をするのか?」(←犬じゃないって>爆)と聞いてきて、もちろん7ヶ月そこらなのでまだ特に何をするわけでもないと返すと、「まだおもしろくないね。やっぱりさちとあっそぼー」といって散々さちとぎゃーぎゃー、ドタドタ騒いでました(汗)。そう言えばさちがまだベイベーだった頃も、こんな感じでまったく構ってくれなかったのよね、この人。曰く「ベイビーはつまらん。」らしいです。

口の減らないこのおっさん おじさま、「お久しぶり」の代わりに、人の事を見るなり「お、痩せたじゃん」だって。悔しいので「あのね、『妊婦だった』っていう正当な理由で大きめだったのよ!単なる肥満体とは違うのっ!!」と応戦しておきました。大体、だんちんが生まれる前の日、この夫婦が我が家を訪れたらその夜に陣痛が始まったのよね。だから「You達がうちに来たショックで、陣痛始まっちゃったのよっ」て言ったら大笑いしてたけど。
さて。おっさん、さっちんと二人、散々っぱら大暴れた後、10ペンス硬貨を1ポンド硬貨とすりかえるトリックでお小遣いをくれました。そんな子供だましの手品でも、当然の事ながら、目を輝かせて本当の魔法を見たように興奮するさち。結局、「もう一回やって見せて!」とせがみ、最終的にはさち、3ポンドGet。手品に感心しているふりをして、実はしっかり大人からお金を巻き上げていた??なんてね。すぐに貰ったお小遣いの事などすっかり忘れているので、それはないでしょうね。まだまだ青いな、さち(笑)。

私にとってはどっと疲れた週末でも、さちはみんなに構ってもらえて&体を張って遊んでもらえて、夢のように幸せいっぱいだったようです(義理ママちゃんにおやつもたくさん貰っておなかもいっぱい)。さ、静かな我が家へ帰ってきて、シビアな現実が待っているぞー。夏休みだからプレスクールもないしね(涙)。誰かいっしょに遊んでください…。

今週末、初のホフク前進を成功させただんちん(今までは自分のおなかを軸に、両手両足をバタバタさせて旋回するのみだったの。目的物にたどり着けなくて意地を焼いている姿も、それはそれで可愛らしかったんだけどね)。こうやって行動範囲が広がっていくんだねえ。


読んだよ、の印によろしくね↓
FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
21:20 週末の過ごし方 | コメント(4) | トラックバック(0)

またまた週末

2009/06/21
あっという間の一週間でまたまた週末です。はやっ。こんな調子で我が子達の可愛い盛りの時期がどんどん過ぎてしまうのかと思うと寂しいなあ..。

今週末は義理父&そのお母さん(夫の祖母)が遊びに来てくれていました。おばあちゃんと会うのはかれこれもう2年ぶりくらい。あまり変わっていないみたい。もう92歳くらい...なハズ(汗)。

かまってくれる人がいると調子に乗るさちは大はしゃぎで大変でした(汗)。足腰の弱いおばあちゃんを2階にある自分の部屋へ招きいれ、金魚やら自分の宝物やらなんやら色々と見せて説明していたみたい。おばあちゃんもニコニコと相手をしてくれて、ホントお疲れ様です...。

義理母と同席でない今回の訪問で、義理父もさちといっぱい遊んでくれました。普段は入る隙も無いくらいに義理母がさちにべったりしているからね...(汗)。たまにはこういうのもよろしいのではないでしょか??しかもおばあちゃんが一緒なので夜は早めに退散してホテルに帰ってくれるし。だんちんとさちのオヤスミナサイの時間が妨害されなくて良かったわ>ほっ。

ともかくともかく。Gran&Granpaを連れて、今日もまたBigburyのビーチへ。うちへ遊びに来た人は必ず連れて行かれるのよ(笑)。
お天気も好くて家族連れがいっぱい。それでも日本のビーチのように人で埋め尽くされている事は無く、ちょうどよく賑やか。だん、ビーチで砂食べてるし(汗)。そしてごっ機嫌で笑っちょるし(滝汗)。...ということは、今朝私が作ってあげた野菜スープは砂以下に不味かったという事なのね(涙)。思いっきり嫌な顔して吐き出しましたよね、おぼっちゃま??

さちは本日も夫と波乗り。お天気が良くて水温が高かったからか、前回よりは楽しそう。波が来てもちゃんとボードに腹ばいで乗ったままだったし。よしよし。かっこいいサーファー娘になる日も近いぞ。

今日はさっちん、朝からやる気のある日だったのか、海へ出る前はオモチャのピアノで弾き入っていました(よくある鉄琴とついになっていて、キンキンした金属音の出るやつです)。本物で練習してくれた方が聞いている方にとっては苦痛も少ないのだけれど...(爆)。とにかくとにかく、今朝はノリに乗っていたのか、♪ど、ーれみー、どみーどーみー♪と、ドレミの歌の頭の部分を自分の音感と記憶を頼りにきちんと引けるようになっていました。リズムもグーでしたよ。えらいっ!最初は何度か間違えながら、それでも正しい音を鍵盤で探り当てながら弾いていました。♪れー、みふぁふぁみれふぁー♪の所は最初の「れー」しか弾けなくて、「まーみぃー、ここのところができないのー。教えてー!!」って泣きついてきたけれど。
ちなみに、さちはいつも「『ドはディア(=Deer)』歌ってー」と言います。何度も「ドレミの歌でしょ?」と教えてあげても直らない、というか直さないのよね。サウンドオブミュージック効果で大好きな歌なのよね。恐るべし、DVD効果。


明日からまた月曜日。ドレミの歌でも大声で歌って元気を出そうっと。



本日の離乳食:
‐人参、キャベツ、たまねぎをコトコト煮込んだスープをフープロでガガガーッと。
‐おかゆ。微妙に粒が残っていた感じ。うぺっっとよけていました。
‐洋ナシピューレ、を出すはずだったのだけれど、解凍時にレンジでチンしすぎてラップが溶けた(?)っぽかったので、ゴミ箱へ(涙)。
‐上記の野菜スープが拒絶されたので(涙)、+スイートポテトマッシュを混ぜました。

まだたんぱく質デビューしていないのだけれど、いつ頃から登場させていいものだろうか...?さちの時に離乳食日記をつけていなかったので、あまりよく覚えていないのよね...。


参加中です。読んだよっの印にポチッとお願い。
FC2 Blog Ranking



21:47 週末の過ごし方 | コメント(2) | トラックバック(0)

週末あれこれ。

2009/06/13
夫のWakebordingのレッスンにくっついて、リッチなBritsに人気のSalcombeへ。実はこのレッスン、私から夫への30歳のバースデープレゼント。12月が誕生日だから半年ほど遅れているんですけど(汗)。なんつったって、この極寒の地イギリスでのウォータースポーツなので、4月から11月までしかやっていないのよ。夫の誕生月が見事に外れてますな...。

ビーチへつくと、笑顔がめっちゃ爽やかな、私好みのお兄さんが。この人がコーチらしい。うはー、電話で何度もお話していたのはこの彼なのね。声と顔が一致していなーい。いい意味で裏切られた感じ。年甲斐も無くドキドキしてしまったわ(笑)。その笑顔があまりにも素敵過ぎて(あ、このコーチのね。夫ではなく>爆)、目をあわせられないわー。とってもフレンドリーで、いい感じ。

練習に参加しない私、さち、だんも一緒にボートに乗っていいよ、と同伴デート(←激違)のお誘いも受けたけれど、揺れるボートの上で、だんをスリングに入れて抱っこ+さちの面倒を見る勇気が無かったので、丁重にお断りしました。

さて、すっかり忘れ去られている本日の主役である(ハズの)夫ですが(笑)、緊張した面持ちでレッスンへ。まずは浜辺で基本の動きや体重移動の仕方等をカバーし、いざ水上へGO。大丈夫かなー??コーチのR君とボートを操縦するなんとかさん(こちらも優しそうなお兄さん。サーファーっぽい感じ。が、名前はすっかり度忘れ。好みじゃないと集中力が失せるのです>爆)に引き連れられていきました。私とさっちんは浜辺のカフェでお留守番。クッキー1枚90pって、高い気がするのは庶民な私だけかしら...?さっちん、ホットチョコレートをちょっと飲んだだけで全部こぼすし...。R君がまだそばにいたので、にこやかに許してあげちゃう私。思わず優しいお母さんを演じてしまったわ。普段なら、「もったいないっー!そうやってぼーっとしてるからこぼすんでしょー!」とかボロクソ言っていると思うのだけれど(汗)。こんなマミーを許してね。というか、こんな妻を許してください。

とにかく、小一時間ほどしてレッスンを終えた夫が満面の笑顔で戻ってきました。よほど手ごたえが合ったらしい。曰く、最初はもう水面に立つことすら不可能なのではないか、このままずーっと水中で引っ張られているだけでレッスンが終わるのではないか、と思うほど難しかったみたいだけど、そこからちょっとづつ進歩して、なんとか重心の移動ができるようになり、少しだけれど方向転換も可能になったらしい。R君もサーファー君にも、サービストークなのか何なのか、「一回のレッスンだけでここまでこれるのは筋がいい」、と褒めていただきました。

でもって、次回のレッスンの日程を決めてSalcombeを後にし、本日の第2の目的「さっちんの波乗りジョニー」を遂行すべく、今度はBigbury Beachへ。お昼もここのカフェで済ませて、さっちんもウェットスーツに身を包み、元気に波に身を躍らせる親子。...。のはずだったのだけれど、実際はさちが大きな波を怖がっていたので、夫により強引に担ぎ上げられて海へ入っていきました(汗)。まあ、こんなこったろうと思ったよ。ブギーボードにまたがっていても、波がくるとすぐに夫に抱きついてしまうへなちょこ娘をなだめすかしながら、格闘する夫。わはは。だんちんと私とトフ夫は浜辺で優雅にお散歩してました。

試練の時間を終えたさちにアイスクリームのご褒美をあげて、この日のイベントは終了。はあ、結局私は何のアクティビティーもしていないわ。ちょっぴり残念。まあ見ているだけで楽しかったからいいのだけれど...。

bogie boarding
こんなお天気でも決行するのねー(汗)。夫にしがみつくさちと、それを心配そうに見守るトフ夫の情けない後姿(笑)。この写真の瞬間は波が穏やかだけれど、結構大きなやつもザンブリきていたのよ。


今週末は義理父&おばあちゃんが遊びにくるから大して何にもできないから、買い物くらいでストレス発散しようかなー。この前の週は義理母ちゃんが来てたし、バラで登場するのは勘弁してよーって感じです。どうせ来るならまとめてお願いしますよ、ほんとに...。

06:08 週末の過ごし方 | コメント(0) | トラックバック(0)

嵐の後

2007/11/01
義両親滞在の2泊3日が嵐のごとく過ぎ去り、平穏な日常が舞い戻ったPooh家です。あー、づがれだー。サリーから来てプリマスに朝9時に着くって、何時に家を出てきたんだ??お義母さんの気合を感じて薄ら寒かったです。

とはいえ、今回の来襲での収穫:

1.1920年物の超巨大チェスト。家の築年数と同じだわー。このチェスト、義両親の家のbreakast roomにでーんと置いてあって、以前から私が目をつけていた代物。義両親がスケールダウンして引越ししたので、我が家にくれたのです(感謝)。夫や2人の義弟たちが子供の頃に付けたと思われる傷も(「多々」どころではなく無数に!)あるのだけれども、それはそれで味があっていいんじゃないかと…。とにかく嬉しー。大事にします、お義母さん&お義父さん。

2.さっちんのおフレンチ。お義母さんがフランスへ遊びに行っていたので、フランス語の絵本をテープも添えて買ってきてくれるようにお願いしていたのね。テープは見つからなかったらしいのだけれど、絵本は数冊購入してくれました。そんでもって、フランス語が読めない私や夫に代わって、それらの絵本をさっちんに読んでくれました。中でもさっちんのお気に召したのは「3匹のこぶた」。狼の挿絵を指差して、さっちんに「これは何?」と聞いたら、「『ら るーぷ』 だよ」って教えてくれました。親の立場がありません(汗)。しかも「3匹のこぶた」読もうか?」と聞いたら(←もちろん、私が覚えている日本語バージョンを挿絵に沿って語ってあげるつもりだったのですよ)、「『ぺてぃー こぉしょん』よも。」って返されました。おーそーろーしー!!“cochon”がこぶたを意味することさえ知らなかった私。ぬ、抜かされた…。2歳児に負けた…。

神経使った週末だったけれど、収穫も多くて良かったです(笑)。転んでもタダでは起きんぞ、わたしゃ。風邪気味で眠いけど、これからフランス語の辞書引いて、意味と発音を書き出して、とりあえず「3匹のこぶた」をフランス語で読めるようにする準備しまーす。音を立てて崩れ落ちた親の威厳を取り戻すため、徹夜も覚悟か??(←それは無いな)



↓ 負けず嫌いな方、ぜひぜひクリックで応援よろしく。↓
blog ranking


07:42 週末の過ごし方 | コメント(5) | トラックバック(0)

建設的な週末

2007/05/07
土曜日、作ろう作ろうと思うながら、なんだかずるずると作るのを延期していたピザに挑戦。

結果:…はまりそう。味もそうだけれど、生地をこねこねするのにも。何年も前に発行されたSainsbury‘sマガジンをしぶとくずーっと大事に取っておいてよかったー(何年も作ろうと思っていて、やっと今日です。行動に移すの遅すぎ)。親切にもブレッドメーカー無しでも作れる手ごねのやり方のレシピも載ってた。

友人から“Pizza Kittens”と言う絵本を頂いて以来、ピザに興味津々なさっちゃんも食べれるように、トッピングやソースもアレンジ。発酵待ちの時点から、「ぴっざー!、ぴぃーっざーっ!!」とキッチン入り口付近でうろうろして、待ちきれない様子。うるさいってば。集中させてね(笑)。

バタバタしつつもやっと出来上がって、ちょっと予定より遅れてしまったランチをお庭で。うまーい。DIY中でその日ずーとトンテンカンしていた夫も、「今日のお昼は手作りピザだよ!」の誘いに、そそくさと作業を中断して外へ出てきた(笑)。食べ物がかかっていると作業が早いね、Youは。親二人がガツガツ食べている脇で、なにやら気がそれてしまったみたいに遊んでいるさっちゃん。あれだけ待ちわびていたのに、ピザソースは彼女の宿敵トマトがベースになっているという事に気付いてしまい、結局食べてくれなかったの(涙)。はー。あわよくばこれを機会にトマト好きになってくれるかも、と期待していたのだけれど。…玉砕。トマトに汚染されていない具を夫から小鳥のように食べさせてもらっていた。

何はともあれ、美味しく楽しく出来ました。ピザだけ作るのにわざわざブレッドメーカーは要らないけれど、ピザを乗せて焼くためのピザストーンはぜひとも購入したい一品。どこで売っているのだろう。とってもイタリアーンな感じ(←発想が貧弱)。

そうそう。今週末(6日)の出来事2:さっちゃん、初ポッティー成功。ポッティー(おまる)の中でおしっことうんちをする事が出来ました。おめでとう。きっと道のりはまだまだ長いのだろうけれど、がんばろうね。


ポチッと応援よろしくね。

blog ranking







01:32 週末の過ごし方 | コメント(7) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。