06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

今更遅いのだけれど…

2009/09/22
結婚して子供を持って、「もうキャリアを目指すのは、やーっめた」と腹をくくったのにもかかわらず(目指すキャリアも元からないのですが)、いまだにやっぱり「ああ、これをやっていたら、数年後はこんなこともしているかもしれない」と夢見てしまうゆれる乙女心(←違)です。

週末、妙なしがらみで、ロンドンで開かれる某国際競技会での日本向けプレス用の通訳をしてくれないかという依頼がきたのです。ううっ。即答で答えは「NO」なのに、返事をした後もやっぱりねちねち考えてしまいました。楽しそうだなー。やりたいなー。勉強になるなー。etc,etc…。でもね。全くpractical じゃないのよね(涙)。子供が生まれる前だったら、単身ロンドンに出稼ぎ(!)に出向いていたかなー。でもお金の問題ではないのよね。足代、ホテル代上乗せしてくれても、たとえ1週間でも我が家の生活パターンに組み込めないのよね。

今の私のPriority は子供たち(&ついでに夫>爆)だから、家族に負担がかかることはしないようにと思うのだけれど(ただでさえ私の「情緒不安定さ加減」で負担かけまくりだし>謝)、子供たちが小学校へ上がってしまって自分の時間ができたら、今後に向けてスキルアップをしていない今の自分を後悔する事になるのかしら、と思ったり。まあ、とっても不器用&怠け者な&効率悪い私には家庭と仕事の両立はとても無理なのですが…(家庭だけでも、まともにできていないからねえ>汗)。



…と悶々と考えてしまっているここ数日です。といっても、返事を出してしまった以上、もう今更遅いのですが>爆。


スポンサーサイト
07:09 ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0)

世界が違う

2009/09/16
今日は新しくお友達になったLさんのおうちに遊びに行ってきました。

家が近所なので、公園に散歩に行ったりしてばったり会うことが多くて、よく立ち話をするようになったのです。以来仲良くさせてもらっています。
そして今日は初めて彼女の家にお呼ばれしてきました。

しっとり落ち着いた優しい雰囲気+賢そうな話方のLさんは、なんと4人のお子ちゃまのお母さん(5歳半を筆頭に、3歳半、2歳4ヶ月、10ヶ月!)。

実際におうちにお呼ばれする以前より、おうちの場所やお子ちゃまの学校(上二人はプライベートスクール)、彼女自身のバックグラウンド話などから、とってもリッチな香りが漂っていたのだけれど、いざおうちの中へ招き入れられて、改めて「世の金持ちっちちゅーもんは、かくなるものか」と、違う世界を垣間見た気がして、悲しくなりました(爆)。当の彼女は金持ちっぽい嫌らしさをまったく感じさせない、とーっても穏やかでいい人なんだけれども。

シャンデリアの掛かった広ーい玄関を入ったら、あらバッタリ、ハウスキーパーさんとご対面。この時点でおしりが引けてしまっている庶民な私。
買ってから1年かけて業者さんに改造してもらったというおうち。スペーシャスで明るい地下室(地下室とは思えなーい!ここに広ーい子供用プレイルーム、オープンスペースのダイニングキッチン&居間No3がある)を含めてなんと4階建て。Ground Floorの居間だけでも息を呑むほど素敵なのに、ひえー。

ひけらかしや嫌味な感じをまったく出さずに自分たちのおうちをが大のお気に入りだという事を伝えられるって、彼女の上品なお育ちの証明ですね。私がそんなに素敵なおうちに住んでいたら、思いっきりひけらかして、誰彼構わずしつこく下品なほどに自慢しちゃいそう(汗)。育ちがばれる…。

皮肉な事にこんなにも境遇の違う(!)私たちにも不思議な共通点が。Lさん&Lさんのご主人、私&夫は全員イギリスの某大学卒業生。お互いにお互いを大学で知り合って結婚。

うう、選ぶ人を間違えたかしら(夫も同じ事を思っていたりして>爆)。まあ、躁鬱病気味でエキセントリック&fierceな私に付き合えるのは夫くらいなんでしょうけど。確かに世の中、よくできています。


それにしても、今度は廃屋のような我が家にLさんを呼ぶことになったのだけれど、嗚呼、複雑。別に彼女はまったく気にしていないと思うのだけれど、自意識過剰な私が、ね。
00:41 ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0)

早すぎ

2009/09/01
嵐のバンクホリデーが終わり、義母ちゃん&おじいちゃんが帰っていきました。はーっ。皆様お疲れ様でした。昨日は精神的に一番お疲れな私(自分で言うな)が、夕食前にキレるというハプニングがあったものの、総合的には皆様楽しい時を過ごせたようです(汗)。

さて、タイトル。ゲストが帰ってしまったのが「早すぎ」なワケはなく(爆)、ついに「この」話題が会話に登りましたよー。

そう。

クリスマス。

早ーーーーーーーーーーーーーーーーーいっ!!

みんなで談話中、しょっちゅうこのキーワードを口にするオカアサマ(汗)。最初はスルーしていたのですけど、やっぱり帰る間際になって見せる義母ちゃんの寂しそうな顔と彼女がしきりに口にする「I miss you、さっちん」を目の当たりにしたら、若さと共になくなってしまった私の「いい子ちゃん根性」が私の胸に帰ってきてしまったようで(どうせなら「若さ」のほうに戻ってきて欲しいのにっ!)、ぽろっと「今年のクリスマスは一緒に過ごしたいね」っと言ってしまいました(涙)。

あ"ーーーーーっ。もうっ。

そしてとたんに輝く義母ちゃんの顔。

私と夫は以前「どうせ一緒に過ごすのなら、義母のおうちに私たちが行った方が楽だよねー」と話していたので、そういう方向で進めようとしたら、義母は私たちの家に来たいそうです(滝涙)。彼女も自分の家に来られると面倒だからかしらね。お互いに思うところは一緒か(爆)。でもこの間、みんなが集まれるようにって、コンサーバトリーを建て増ししたんじゃなかったっけ、オカアサマ?...。

それにつけても腹立たしいのは弟NO1+嫁よね。いーっつも逃げるんだから。今年は(も!)彼らは嫁の実家でクリスマスをするって、早くも義母に通達してるし。またある年は旅行に行くから、って高飛びしてたし。

大体、何が一番の問題かっていうと、「一人誘うと、芋づる式に親戚一同がもれなくついてくる」っていう夫の家族の結びつきなのよね。義両親だけ来る、というのならまだいいのだけれど、実際には、弟たち、叔母さん、伯父さん+その家族、おじいちゃん、その友人(!)というお得じゃないセットになっているのです。嗚呼。

ここは長男の嫁として彼らを受け入れるのが宿命なのでしょうかね。イギリス人と結婚してまでこんな『長男の嫁』云々に悩まされる事となろうとは...。


読んだよ、の印に押してね↓
FC2 Blog Ranking

21:37 ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0)

またねー

2007/04/24
今日は来なければいいなあ、と思っていた日でした。

妊婦時代から家族ぐるみで仲良くしてもらっていた「プリマス通信」のりえらんさん一家が、5年にわたるプリマスでの生活を終え、日本に帰国してしまいました。はーーー悲しい。

お友達と一緒にプリマス駅までお見送り。あふれる涙をこらえる事が出来なかったなあ。ハンカチを出すのさえもどかしくて、一緒にいたお友達に涙を拭いてもらう始末(←ありがとう)。情けない。自覚している以上に動揺してしまって、なんだかお別れを言うのがぎこちなくなってしまった。渡そうと思っていた物を渡しそびれるし、お見送りの後(途中かも)、駅でお金落としてなくしてしまうし、帰りにお友達の車のドアをさっちゃんのほっぺにぶつけてしまうし(←ゴンッて音したよ!さっちゃん、号泣)、もう、落ち着けー、自分!!

普段は元気いっぱいのみーちゃんもなんだか今日はおとなしかったし、さっちゃんもやはり雰囲気の違いを察してなのか、それとも親の私をコピーしてなのか(!)ぎこちなかったなあ。子供心にいつものバイバイと違うのがわかったのかしらん。

きっとしばらくの間は、さっちゃんに「みーたん?りーたん?」と毎日しつこく聞かれるのだろうなー(涙)。今まではいつも一緒に遊んでもらっていたから。

まあ、遠く離れているとはいえ、まったく会えなくなるわけではないしね。6月に里帰りした時にはまた遊んでもらう約束もしたし、元気を出そう。

プリマス永住友の会でも結成しようかな…。


入会希望者もそうでない方も、クリック↓お願いします。ポチッ。

blog ranking

02:37 ひとりごと | コメント(6) | トラックバック(0)

今年もこの時期がきた…

2006/10/21
お久しぶりでございます。長らく放置しておりましたが、10月はじめに無事2週間ほどの里帰りから戻ってまいりました。はー、楽しかった。が、イギリス帰国早々、恐れていた事態に直面してしまいました。

「今年のクリスマスはそっちへ行くから」by 夫の母。

ガッツーン(涙)。いやね、結局はそうなる事はわかっていたけれど…。9月に入った時点ですでに義母の方からクリスマスの話題がちらっほらっっと出ていたのだけれども、さりげなく話を変えたり、聞こえない振りをしていた私(←鬼嫁)。だってねー、彼女は自分のやり方を押し付けてくる、「我が家のクリスマスの伝統をあなたのお宅にも!」という、はた迷惑な考えの持ち主。ムスコが成長して家庭を築こうが、そんなことはお構い無しな、まるで一昔前の諷刺画に描かれてそうな、日本の頑固者姑の見本なのです。

私たち一家が義母のお宅にお邪魔してクリスマスを過ごすなら、彼女のやりたい様にしてもいいけれど、ひとんちに乗り込んで来てまで、やめてよー。しかも、さっちゃんを巻き添えにするなー!!「孫娘・Love」、な気持ちもわかるけれど、我が家には我が家のやり方があるんだー!!!さっちゃん妊娠中のクリスマスは、我が家に一族総出で押しかけて来て、仕切る仕切る。ツリーの下に積まれたプレゼントの配り方までも。てきぱきしているのは性格か。妊婦を気遣って、いつも以上にいろいろやってくれたのかもしれないけれどね。まあ、そこはありがたかったけれど。
でも。しかーし。私たちだって、愛娘と一緒にクリスマスを自分達流に演出したーい!あー、去年は親子3人の初めてのクリスマス、穏やかだったなー。今年もあわよくば去年のようにひっそりと過ごしたかったのに。

義両親の家からこのプリマスまでは片道3時間半。ちょくちょく邪魔、遊びにに来てもらえる距離じゃないけれど、一旦来たら、数日ははびこる、いや、ご滞在になられるのよねえ。はー、憂鬱。絶対私の青筋がぶち切れる何かをしでかして帰っていくのよね。以前うちに来た時はさっちゃん出産直後(私は翌日退院したんです)で、何を血迷ったのか、義父がトイレ用のスポンジでお風呂を掃除しおり(何で、わざわざトイレの裏においてあるスポンジを使うんだ!)、その始末をしてたら出血が止まらなくなる騒ぎも。その後傷口が感染して、発熱と痛みに襲われ、踏んだり蹴ったりな目にも会いました。あー、思い出しただけでも胃がグリグリしてきた感じが…

とにかーく!来るなー!!ニューイヤーに遊びに行くからさ、というのが本音。これだけグチグチ書いておいて絶対に信憑性に欠けるけれど、義両親と仲が悪いわけではございませんのよ。おほほほほ。こうなったら、クリスマスを意地でも私流で盛り上げ、文句や親切心から来るアドバイスを入れられるスキもないほど完璧なおもてなしをするしかないだろうな。ううう、がんばらねば。挫折しそう…


義両親と仲のいい人も、そうでない人も、クリックお願いします。↓
blog ranking


07:06 ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。