10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

この時期

2009/04/06
ただいまイースターホリデーにて保育園はお休み。4歳児を一日中接待するのって大変です(汗)。ついついDVDとか見せてしまいますねー。…ダメ母(涙)。ディズニーのSleeping Beautyなんて何度も見すぎて台詞を全部言えそうです。それにしても、白黒映像の時のオーロラ姫の方がカラーになった現在のDVD画像よりも顔が可愛い気がするのは私だけかしら…?さっちんはテーマソングを気持ちよさそうに歌ってます・・・
♪そーのー、 ひぃーとみさえ とぉーてもぉー、なちゅーかぁーしいー♪(その瞳さえとても懐かしい)。
ぶぶぶ。  ♪とぉーてもぉー♪って、声、裏返ってますけど(笑)。

さちのバースデーケーキ以来、ケーキデコレーションに目覚め、焼きまくっています。この間焼いたチョコレートのスポンジがイマイチだったので、リベンジマッチ。今回はバニラスポンジでチョコレートスポンジをはさんだサンドイッチケーキ。イースターなので、mini eggsチョコレートを乗せてみました。そして夫がコーヒーケーキが食べたいというので、カフェイン抜きのインスタントコーヒーを使ってコーヒーバタークリームを。さちも食べられるようにね。バターにアイシングシュガー(粉砂糖)を混ぜて、溶かしたコーヒーを加えます。かっ、カロリーが…。罪悪感でめまい…。参考までに:→うちにあるイギリスのケーキレシピなんて、20cm四方の正方形の型2枚分作るのに、なんと、バター400gに砂糖400g、卵は8個!!!て平気で書いてるんですけど(滝汗)。これにバタークリームでしょ?…気絶しそう。太るわけです。日本のレシピが一番だわー。食べる人の肉体的にも、作る人の精神衛生的にもね。そんなわけで、作る前はロイヤルアイシングで飾りつけようと思っていたけれど、これ以上カロリーを増やすのも恐ろしいので、コーヒーバタークリームを塗った上に直接mini eggsを飾りました。散々バタークリームを塗りまくっているので、まあ完全に無駄なあがきなんだけれども…(爆)。
イギリスのケーキは重たいマジパンとアイシングで丸々包むから、がっちりしたケーキでないとつぶれてしまう、という理由もあるのだろうけれど、それでも、ねえ…(汗)。今回はバターの量も砂糖の量もしっかり調節させていただきました。それでもちゃんとおいしかったです。

さちは「マミーのけーきがいっちばんすきーっ」と嬉しい事をいってくれたあと、「このチョコレートエッグの部分がいっちばんおいしいのーっ」と、舞い上がった親心を見事に地面に叩きつけてくれました。じゃあマミーが焼かなくてもいいんじゃん(涙)。


押してくださいねー。
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
11:13 British style | コメント(4) | トラックバック(0)

出遅れた

2008/12/03
クリスマス準備、 出遅れました(涙)。

本当は先週の週末にクリスマスケーキを焼いて、クリスマスツリーを出す予定だたのだけれど、ごたごたしていて、やっと、今日、ケーキを焼きました。ツリーは今週末だな…。

今年のケーキはさっちんにも手伝ってもらいました。そばで見ている私は、ハラハラドキドキ。きっとAの強いAB型なのね…。military precision で事を運ばないと気がすまないのです(汗)。あー、そこそこ、そんな風にやったらー、もうっ!!とか鼻息も荒く我が娘の手先を見守っていました。でも、自称「Big girl」なさっちん、かなり手際よく卵を4つ『トントン、パカッ』と割ってくれましたよ。感心感心。
クリスマスケーキは特に膨らませる事を気にしなくていいので(私の使っているレシピでは、ね)、べッタンべッタン混ぜてもらってもいいの。だからスポンジケーキを作る時ほどイラッとしなくて精神衛生上よろしいです(爆)。
が、夫まで参戦してきて、途中、気が狂いそうでした。あー、なんて心が狭いのかしら(汗)。最後に刷毛で冷水を表面に塗る時に『そこ、素早く素早くーっ。お願いよー!!』光線を放つ私を無視して、べっちゃらべっちゃら思いっきり沢山の冷水を塗りたくる父娘。ほんとに、工作してんじゃないんだから…。こめかみがピキピキしちゃうわ。そしてその直前にはさっちんにスプーンを持たせて、ドバっとケーキにブランデーを注いでいる夫…。もうっ。「どうせ焼くんだから、アルコール分なんて飛んじゃうから、平気平気」だって。あのですねえ、焼く前に、生地から立ち上る芳しい香りをものすごい鼻息で嬉しそうにかいでいる3歳児がそこにいるんですけど…。酔っ払わないでね。

それにしてももの凄い量のドライフルーツが入っています、クリスマスケーキ。焼きあがりもずっしり。普段あまりフルーツケーキは好きなほうではないけれど、自家製マジパンで飾るこのクリスマスケーキは大好きです。一年に一度だけ。ちなみに我が家ではクリスマスプディングは無しです。誰も食べないので。


クリスマスまでのこの時期、大好きなんだけれど、なんだかそわそわ焦るのよねえ。プレゼントを買い終わっていないというのも原因だと思うのだけれど…。カ-ドもまだ書いていないし、ラッピングもしていないし(涙)。あ、包装紙も買わないと(汗)。


押してくださいねー。

blog ranking



10:53 British style | コメント(4) | トラックバック(0)

クリスマス準備

2008/11/09
朝からセントラルヒーティングつけっぱなしの日々が続いています。さぶっ。

11月に入り、重い腰を上げ、クリスマスへの準備をスタートさせました。はあ…。何が気が重いって、夫側の親戚一同へのプレゼントを考えることほどおっくうなことはないのです。きゃつら、①思いっきり値のはるものを要求するか、または②本人達からしても「値が張りすぎる」と自覚した場合、「うーん、何が欲しいかわからないから、お任せするよ。」と、全く役に立たないお返事をくれるのです。はっきりいって「お義理お仕事」なので、私に情熱もやる気のかけらもないっていうのも問題だけれど(汗)。さっちんへのプレゼント選びは楽しいんだけれどねえ。お嬢様、今朝は朝からもの凄いページ数でサンタさんへ「欲しいものリスト」を書いていました。リストの最上位はPCです。ピンクのlaptopが欲しいらしいです(ため息)。「CはちょこれーとのC,OはおれんじのO,で、MはまみーのM…」といいながらちゃんと自分で書いていました。Cの向きがちょっと斜めになって”U”みたいでしたが(笑)。まだ自分では書けないアルファベットもあるけれど、それでもえらいえらい。読めることは全て読めるんだけど、書くのはまだやっぱり難しいみたい。日本語もがんばってください(こっちが重要)。


さて。サンタさんへのお手紙は、暖炉から煙突へあがって配達されます。なので、プレゼントリストが出来上がったそのとたん、暖炉に火をつけろとしつこく夫にねだっていました。夕方になったら焚くからねー、といってもなかなか聞き入れてくれないので、「あまり早くリストを送ると、サンタさんが寝ているかもしれないから、届かないかもよ??」という苦しい理由をつけたら、わりとあっさり引き下がってくれたさっちんでした。
あとどれくらい、こんな子供だましな言い訳を鵜呑みにしてくれるのかなあ…。さびしい。

今日の午後、親戚一同に希望プレゼントの最終確認の電話を入れます。はあ。気が重い。私たちにプレゼントをくれなくていいから、向こうからも期待しないで欲しいわ。


応援お願いっ。
blog ranking


15:07 British style | コメント(6) | トラックバック(0)

明けましておめでとうございます

2008/01/15
明けましておめでとうございます。

というか、明けちゃってました(汗)。

クリスマスで燃え尽き、やる気のかけらも見当たらない、典型的イギリスの年末年始を過ごし、気が付いたら今日です。ああ、おそろしい。もう一月も半分過ぎてる…。

クリスマス前にあんなに機嫌のよかったお局様も、休みが明けたとたん、普段の横暴女帝に早替わり。はー、絶対にムード制御機能が壊れてるわ、この人。いちいち気に入らない事が仕事上起こるたびに、聞こえよがしの鼻息と文句をぶつぶつと周りにいる人(特に私)にぶつけるのよね。疲れる…。

それはともかく、この土曜日、我が家へなんの予告もなくふらりとやってきて義弟NO2。 しかも夕ご飯作っている最中に「もしもーし、僕の分もあったら嬉しいなー」だって!!なぬーーーっ??実はこの義弟NO2, ただ今スウェーデンからカリブ海に向けてセーリング中。と言ったら聞こえはいいけど、どこぞのお金持ちのヨットをチームメンバーと一緒に移動させているだけ。ここ数日の悪天候のため、何をどう間違ったのか、プリマスまで流れ着いたらしい。まったく。実のお兄ちゃんがたまたまプリマスに住んでいてよかったね。てか、それ以上にお義理姉サマがちゃんとご飯を多めに作っておいてよかったね、だよ。しかもっずうずうしく「Sは(自分のお兄ちゃん=私の夫)は大食いだし、どうせPoohsticksはいつも大量に料理してるから、絶対僕の分も余裕であるって踏んでいたけど、いやあ、やっぱり大正解だったね!」だって。確かにエンゲル係数高いが…。とにかく幸せ一杯なNO2でした。でもどうでもいいが白ご飯にポン酢かけないでほしかったです。

そんな変態(?)義弟NO2, 気難しい時もあるけれど、基本的には人懐こくてひょうきん者。義弟NO1&その奥さんが時間をかけてやっと我が家のおひー様と一緒に遊べるようになったのに比べて、彼はミラクルなほど短時間で姫を魅了してました。会って十分後には義弟No2の膝にべったりとまとわり付くさっちん。「あんくる・じぇいむずうぅー!」と事あるごとに呼びつけ、寝る前には熱―い抱擁とチューをかましてました。

そんなこんなで、彼は結局日曜日のお昼過ぎまで我が家で寛いでいました。そして名残惜しそうにして出て行きました。『もし悪天候で船が出れないようなら、また来ていい?』だって。もうっ!



今年も応援お願いします。

blog ranking



08:55 British style | コメント(14) | トラックバック(0)

Happy Christmas

2007/12/25
Merry Christmas!

今日一日を振り返ると、

…うぷっ、食べ過ぎた。夫とさっちんが作ってくれたホワイトチョコレートトリュフとクランベリーボールを朝一で朝食代わりにつまんだのも間違いの始まりかも。
truffle2.jpg


よい子のところにはサンタクロースがプレゼントを持ってやってくると信じているさっちんの夢を壊さないよう、私たちからさっちんへのプレゼント用の包装紙とサンタさんからのプレゼント用の包装紙を分けて用意。そして24日の夜、さっちんが寝てからクリスマスツリーの下に積み上げ&靴下の中に押しこむ。それにしても、3輪車(補助輪付きの一番小さい子供用自転車ね)を包装するのにこんなに苦労するなんて…。
christmas tree



今年は3人分のクリスマスディナーを作ればいいだけなので、簡単簡単。去年の14人分に比べたら、ね(笑)。それでも6人分まかなえる大きさの七面鳥を焼いてる私たちって、一体…(汗)。

朝起きて、野菜の下ごしらえ(夫、担当)、スタッフィング&七面鳥の下準備(私担当)を終えたら、昨日の夜おおはしゃぎしすぎて夜更かししたお嬢の御起床。もう、9時半ですよ。まだ朦朧としているっぽいさっちんを引きつれ、早速、強引にサンタさんからのプレゼントを開けさせる私なのでした(笑)。親のほうが、テンション高いです、はい。

我が家のクリスマス当日スケジュール:1、各自の巨大クリスマス靴下に入っているプレゼントを開ける(ちゃんとオトトのも用意します)→ 2、ターキーをオーブンへ入れる → 3、夫が準備したスターターをつまみながら、シャンペンをおあり、ツリーの下に積まれた家族+親戚からのプレゼントをオープン。プレゼント大好き娘のさっちんのつぶらな瞳はキラキラ、キラキラしてました。人の分まで開けようとする始末だし(笑)。お願いだからマミーにもプレゼント開けさせてっ!さっちんがサンタさんから貰った3輪車で居間と廊下を乗り回している間が勝負だわ。

今年はチームワークがすばらしく(自分で言うな)、予定通り2時半からクリスマスデイナーを始める事が出来ました。七面鳥も焼きすぎて干からびる事もなく、骨からポロリと崩れ落ちている事もなく、ジューシーに仕上がって大満足。さっちんも沢山食べてくれました。おととしはは離乳食真っ只中だったから別の食事を用意したし、去年は七面鳥のお味は姫のお口に合わなかったようだし、今年は揃って同じ食事をおいしくいただけてなんだか嬉しいね。…楽だし(こっちが重要)。

ほんとはもうおなか一杯だったけれど、ついついケーキもチーズ&ビスケットも食べてしまったわ…。さすがにミンスパイは入らなかったです。私の一押し、Fortnum & Masonのコニャックバター(←ほんとにおいしいの。お試しあれ)と一緒に食べようと思ったのに。…明日のお楽しみです。
brandy butter2



さっちんはと言えば、プレゼントの山に加えて、今日は特別、と大きく切ったチョコレートチーズケーキを頂いて、ご機嫌でした。幸せそうに「めりーくりすます!めりーくりすますだねえ!!」だって。たまに間違えて「はっぴーばーすでー!」と叫んでるし(笑)。まあ、それはそうなのだけれど…。
christmas puddings2
オレンジチョコレートパウンドケーキが潰れているのは気にしないでください(涙)。うっかりしてたらしぼんじゃった…。


なんだか楽しみにしていた日が来て嬉しいのだけれど、もう過ぎてしまうのがちょっと寂しいです。お客さんが滞在していれば、フェスティブ気分も長引くのかもしれないけれど。…なんとなく義理両親&親戚一同が押しかけてきてくれた去年のクリスマスが懐かしいような、不思議な気分になってしまいました。

さ、寝よ。


いつも応援ありがとう。
blog ranking





23:44 British style | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。