04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ハーフターム

2010/02/20
泣くいや、親も黙る恐怖のハーフタームが、今日でやっと終わりです。

あー…長かった。

さちが小学校に上がって、その生活(朝9時から午後3時までが私のフリータイム)に慣れて初めてのハーフターム。ナーサリーに通っていた頃のハーフタームとはワケが違うのです。

さちと一緒にいろいろしてあげたいと思っても、邪魔する怪獣が約一名。さちが私の膝に据わってるだけで、怒りの形相で間に割り込んできて、おねえちゃんを私から引き剥がそうと大騒ぎ。うるさいのうるさくないのって、あーた(汗)。

そんなこんなで、最終日の今日はお友達と一緒に水族館へ。ハーフターム前に学校のお母さんから、「水族館の年間ファミリーパスってたったの£40なのよっ!プレイエリアはあるし、食事もできるし(=子供を放し飼いにできる>爆)、当然雨が降っても遊べるし、ついでに(!)魚は見れるし、買わなきゃ損よっ!」と言われたので、遅ればせながら我が家も早速メンバーに。二回行っただけで元が取れました(笑)。これからもどこも行く所が無い時に、またちょくちょく利用しそうです。普通に入ったら、大人一人£11、子供(5ー15歳)£6.50、またはファミリーパス(大人二人子供二人)£30って。うちはまだ、かろうじて子供料金払わなくていいけどね。

しかも館内での食事も買い物も10%オフです。P市在住の皆さん、これはMust-buyですよー。

お互い違う小学校へ通っているので、最近はめっきり一緒に遊ぶ機会が減ったさちとK君。今日はちょっとぎこちないけど嬉しそうなハグで再会のご挨拶のあと、仲良くおててつないで走って行ってしまいました。ちょっとー、キミたちの荷物とチビちゃんを乗せたバギーを押しているお母さん達は、そんなに身軽に動けないのよー!待ってー!!
途中、K君が同じ学校のお友達を発見!ちょっと疎外感を感じたらしく、ジェラるさち(爆)。泣きそうな顔でこっちに寄ってきて、水槽に張り付いているだんちんを強引にハグ。こういうときだけ弟を「利用」するのよね…(爆)。

ま、K君のお友達はすぐに他の所へ行ってしまったので、我がままプリンセスもK君をまた独り占めできて、ご機嫌麗しくなったのだけれどね。ああ、疲れる。ドラマチックすぎるのよ、あなたのリアクションが…。

怪獣は館内の音楽がポップな曲に替わったとたんに得意の「両手は上&リズムに合っていない拍手」で取り付かれた様に踊っていました(笑)。突然やりだすから、びっくりしたよ…。

帰り際に魚たちのお食事タイムが見れて、ラッキーでした。海老がいっぱい降ってきたよ…。贅沢??>笑

最後にお約束のお土産コーナーで、ちょっとしたものを購入しておしまい。実は事前に「先週来た時におもちゃを買ってあげたから、今回は無しよ」とさちに通告してあったのです。が! だんにピンクの亀を見せたら思いっきり反応して、ヒシッと抱きしめて頬擦りされたので、「こ、これは買ってあげなければ!!」とえこひいきな私。でも、こうなったらお姉ちゃんにもなにか買ってあげなければならなくなるわけで…(ちっ)。なにか一つだけ買ってあげるよー、とさちにいったら、めっちゃ嬉しそうでした。裏の事情も知らないで、可哀相な子…(爆)。そんなお姉ちゃんが選んだのは、ゼリーのなかにグリッターと小さなカニとイルカとイカのはいったぐにゃぐにゃするオモチャ。…またしょーもないもんを…(爆)。と思いつつ、一応約束したし、せっかく娘が自分で選んだので、お買い上げ。でも私が子供の頃も、こういう「しょーもないもん」が大好きだったなあ…。兄が昔、「旅先でPoohsticksが行方不明になったら、お土産屋を覗いてみ!絶対に見つかるから!!」といっていたほど、私はしょーもないもん好きです。その血をしっかり色濃く受け継いでしまった、娘(涙)。ほんっとに、しょーもないところばっかり私に似て…(爆)。

とにもかくにも、楽しい一日でした。水族館から、バス停のあるCity Centreまでみんなでまったり歩いたのも楽しかったし。さちとK君、一緒にいるだけで楽しいみたい。そんな子供たちを見ているお母さんも幸せな気分になれたよ。

Kちゃん&K君&Wちゃん、ありがとう!!
スポンサーサイト
06:55 イギリス育児事情 | コメント(1) | トラックバック(2)

待ちに待った

2010/01/12
入学式でした。

…『式』ではないね。校長先生の話しさえなかったし。お見送りに行って、初日なので子供たちに付き添って20分ほど教室にいて、ちょこっと担任の先生と個人的にお話しした程度。日本の入学式のように、『平成○年度、入学式』の看板(?)もなければ、晴天の下、舞い散る桜の花吹雪もなし。それどころか、雪降って極寒だったし(涙)。感慨深い気分もヘッタクレもありませんでした(爆)。子供たちと離れた後に泣いているお母さんたちも数人いたけれど、そんな気分にはなれなかったなあ。普段のプレスクールのお見送りと寸部違わず、だったし。

しかも教室に入るなり先生が「お庭へもここから出られますよー!」と言うが早いか、コートも着ずに表へ飛び出すさち。バギーを押しているので、他の保護者の間を素早く通れない私は夫に「一緒にいってあげて!」と言っているのに、夫ったら「大丈夫、見えてるから」。こういうときのヤツのいい加減な発言は信用できないので、小僧をバギーごと教室の隅に放置し、さちを追って自ら外へ出てみると…。

いない…。夫に「さちのこと、見えてるの?そこにいる?」と聞いたら、案の定、「あ、見えないっ」だって。んもー!!!(怒)。

焦って5分ほど探したら、いつの間にか教室の中に戻ってきていたようで、他の子供たちとサンドテーブルで遊んでいました。ほっ。先生も私たちがバタバタしているのに気がついて寄って来て、「初日から生徒一人行方不明になったかと思ったわー」とか言われちゃった…。まったくお騒がせなさちでした。

今日も含め、来週いっぱいまで半日。本音を言えば、初日からでもフルで3時まで預かっていただきたかった…>爆。私だけで行こうと思ったら、あまり役に立たない夫も付いてくると言うので、3人でお迎えに参上。先生が、生徒一人一人の保護者を確認してドアから子供たちを解放。さちも嬉しそうに私たちのところへ駆け寄ってきてくれました。

学校で何をしたのかは、あまり要領を得ない回答しかいただけなかったので、よくわからないけれど、とにかく楽しかったらしいです。お昼を作るのが面倒だったので、お祝い(?)にお昼はスーパーでさちの好きなものを買って食べようかと「何がいい?」と聞いたら、「ソーセージロール」(爆)。そんなもんでいいのね…(笑)。という事で、ご希望通り、私的にはおいしくもなんともない、さちにとっては憧れのソーセージロールでお昼にしました。


記念すべきこの良き日に、感慨深くなーい!!


↓押してね
FC2 Blog Ranking



22:13 イギリス育児事情 | コメント(2) | トラックバック(2)

家庭訪問

2010/01/08
今日は来週から始まるさちのPrimary Schoolの先生が家庭訪問に来てくれました。一応ケーキ焼いて出したけれど、先生達、今日は回った家々でお茶やケーキを出されて、実はもう「見たいくない!」っていう心境だったかもね(爆)。

訪問に備えて昨日は大掃除ー!!でした。普段から綺麗にしていないと、いざという時にツケが回ってくるのよねえ(爆)。珍しく家の中を駆けずり回る母に、「ねー、マミー、何でお掃除してるの?Miss S(担任の先生)が来るから?ねーってば!」と、明かされたくない事実を突きつけてくるうるさい4歳児に「黙っとれ」ビームを放ちつつ、優しさのかけらもない声で「そういう事は先生が来たら言っちゃだめよ。綺麗にしている努力は見せないのがオ・ト・ナなの!!」とピシャリ。ああ、今年こそは『大人』な態度で接しようと思ったのに、新年早々、玉砕…(涙)。

そんなこんなで大忙しなのに、ガス会社が新しいメーターを取り付けに突然(ではないんだけど。実は私が忘れてただけ>爆)やってくるし、もう踏んだりけったり。てれーんとした部屋着で髪の毛振り乱して掃除している真っ最中にやってこられたので、恥ずかしいのもあって、もうのすごーく、あからさまに不機嫌な私。もうこの国に住んで長いので、「不機嫌」を隠さなくなりましたよ(汗)。ID確認して(ID持ってこい!と車まで取りにもどらせました)、取り付けにはどれ位かかるのか(長くかかるんだったら、出直してこい)、とか嫌味たっぷりに言い放ったのに、とってもフレンドリーなこのガスやの兄さん。家に入れてあげた(!)頃には私も落ち着いて(爆)、ちょっとじっくり仕事振りウォッチング。と…。あら。まあ。今更気づいたけれど、かっこいいじゃないの、この兄さん。うわー、自分の態度が益々恥ずかしなったさ。ほんっとに、どうしよう。この性格。というかこのtemper。いつの間にかムスメもトフ夫も味方につけ、朗らかに世間話&仕事を進めるお兄さんと、非常に居心地の悪い30分を過ごしてしまいました(汗)。

と、そんな前フリがあったにもかかわらず、肝心の家庭訪問はアッサリ終了。授業やアクティビティ等について色々説明してくれたけれど、もう知っていることばっかりだったし、これって、生徒がどんな家庭環境から来ているか、先生がチェックしに来るのが目的なようなものよね。嗚呼、やっぱりもっと気合を入れて掃除すべきだったか。今更遅いけれどさ。



↓押してね
FC2 Blog Ranking


10:45 イギリス育児事情 | コメント(2) | トラックバック(0)

ふー。終わりました

2009/10/23
今日は、「スーパーヒーローとプリンセス・パーティー」と銘打った、プレスクールでのFund Raisingでした。一応大成功…だったかな?(笑)。目標金額にはちょっとだけ足りなかったけれど、初めてのFund raisingでこれだけできたら上等でしょう!みんなよく頑張りました。

夫の同僚にまでラッフルチケットを強引に買わせ(ケーキを焼いて、夫に会社に持って行かせました。要するに「ケーキが欲しかったら、チケット買え!」っちゅーことです>爆)、義母の分も勝手に購入(こちらは当然、ケーキなし>笑)。そんな心優しい同僚のうち、二人当選!わーい。そして実は義母も当たったのですが、なんだか私の身内ばっかり当選して、場がシラケそうだったので義母の分は辞退しちゃいました(爆)。ゴメンねー、お義母さん。

さて。メインの子供たち。ファンシードレスという事で、さちはスリーピングビューティに変身。…の予定だったのに、到着するなり、スクールのシンデレラドレスに着替えてしまいました(汗)。なんだよー。かさばるのにわざわざ持ってきたのに…(スカートの部分にワイヤー入ってるし>爆)。

ムスコにいたっては普段着でした。靴下さえ履かせ忘れてるし(汗)。いつもはこの時間、トフ夫を連れて公園をお散歩しているので、バギーに乗ったムスコは朝のナップタイム中のハズだけれど、今日はさすがに動いていないバギーの中で眠れるはずもなく、その可愛いお目目を一杯に開いて、ギンギラギンでした(涙)。そんなわけで朝9時から12時半まで、片手でだんちんを抱っこし、もう片方でパーチーの準備を手伝い、ケーキ群がる子供たちを追い払いつつ、保護者の皆様にリフレッシュメントを売りつけて(!)いました。そう、こういう肝心な時にスリングを忘れるというおバカな私。私の「抱っこ腕」はいつも右側なので、そっちの腕だけ筋肉ムキムキになりそうで怖い…。

そもそも今日は朝から、「もし私が焼いたケーキだけ売れ残ったり、誰も買ってくれなかったらどうしよう?」という心配が大きくて、あまり何も考えられなかったのです。朝ごはんものどを通りませんでした(爆)。柄にも無くドキドキドキドキ…。

本日もって行ったケーキは母直伝、「簡単&失敗しない人参ケーキ」と、友人に教えてもらったYorkshire Parkin。これはGingerとTreackleとオートミール の入った焼き菓子で、もともとはガイフォークスナイトに焚き火を見ながら食べたそうです。生姜の香りと3日寝かせてしっとりした口当たりがたまらない一品。両方ともイギリス人の好きそうなものをという事で選んだのだけれど、やっぱり大正解でしたよー。うひひ。他のお母さんたちもチョコレートケーキやビクトリアスポンジケーキを作って持ってきてくれたけれど、それら強豪エントリーを抑え、人参ケーキ、売れ筋NO1、オカワリ続出でした(嬉)!Parkinも買ってもらったし。たくさん嬉しいコメントを頂いて、ちょっといい気分でした。レシピ提供者のお二方、アリガトー!!

工作ついでに、値段を書いた看板も勝手に作って持って行きました(文字とケーキとお茶の絵を描いて切り抜いて厚紙に貼り付けただけなんだけれど)。製作中はさちにバービーの「クリスマスキャロル」をYOUTUBEで見せて、邪魔されないように(爆)。でもそんな自分のあまりのオトナ気なさを反省して、「75p」と書いた所だけ、色を塗らせてあげました。心、せっまーいですね(汗)。…でもでも、せっかく全体的に調和が取れて綺麗にできているのに、さちの独創的美意識でぐちゃぐちゃ、いえ、お手伝いしてもらったらさ、ちょっとね…。。。。ブツブツ。

と、私の心の中で一悶着あったそんな看板も、また次回のFund raisingで使ってくれるそうです。ふっ。


そんなこんなで、初めての事だらけで楽しかったけれど、どっとお疲れです。体力無いなー。さちはというと、クッキーデコレーションやらパーティーゲームやら、とても楽しそうにしていました(どうもイマイチ、ゲームのルールがわかっていないようなんだけれど…>汗)。こういう機会があると、スクールでの子供の様子を垣間見れていいものです。ふとした時に先生がどんな態度を取っているかというのも観察できるし。

それにしても、次回はもっとスムースにできるのだろうか…(不安)。


↓励みになります。ぽちっとお願いします。
FC2 Blog Ranking
11:51 イギリス育児事情 | コメント(6) | トラックバック(0)

さすが

2009/10/15
今日はお友達とランチデート。プレスクールからさちを拾って、直接お友達の家へ。

本日は私を入れて4人でマダムランチ。優雅だー。それにしてもイギリス人にランチに呼ばれたら、暗黙の了解で、ホストの人がご馳走するみたい。まあ呼ばれた人もデザートとか持っていくのが常套だけれど。でも今日は何か持ってきたのは私だけだったよ(爆)。太っ腹なんだか、ずうずうしいだけなのか、よくわからんな、エゲレス人。
そうえいば以前、うちへ他のイギリス人をランチに呼んだら、その方たちも手ぶらでいらっしゃったし(私は各自ランチ用意というつもりで誘ったんだけれど>汗)。一応「もしかして?」っていうイギリス人への不信感から(!)、彼らの分も用意しておいたので奇跡的にその場を乗り越えましたよ。夫にそのことを話したら、「え?それは普通ですよ。お呼ばれしたら、ランチは持参しないでしょ?」といわれたので、そうなんでしょうね、イギリスでは。私が悪うございました(爆)。

とにかく。今日はローストベジタブルとカリカリベーコン、ムール貝のサラダを作っていただきました。うーん、キンキンに冷えた白ワイン持ってこーい!…あ、授乳中なので心の中の叫びです(涙)。

そして今日のお題。

マダムのうちの一人、Tさんの娘っ子(2歳半ちょっと前)がかーなり乱暴者。本日だんちんともう一人のベイベーを入れて5人の子供たちがいたのだけれど、他の子からおもちゃを取り上げるのは朝飯前、叩くわ押すわ、思い通りに行かなければキンキン声で叫びだす、ものすごい子でした(汗)。お母さんもビシッと言うのだけれど、まったく聞く耳持たず。そんな彼女を眉をひそめて心持ちのけぞり気味に眺めるさち。親の私が言うのも恐縮ですが、さちは多少ぐずる事はあっても、暴力に訴えたり、喚き散らす事は今までした事がないからねー。かなり引いてるねー、さち。

そして、この乱子ちゃん(勝手に命名)の恐ろしい刃は当然のことながら、だんにも向けられたわけです。

でも!そこで登場!!正義のヒロイン、さちお姉ちゃん。弟のピンチ!とばかりに乱子ちゃんとだんの間に入り込み、わが身をもって弟を守っていました。そして、耐え切れなくなると、「まーーーーみぃーーー!だんちゃんがっ!!」っと緊急警報発信。

実際には、だんはお姉ちゃんの心配をよそに、ずんずん乱子ちゃんの遊んでいるおもちゃを取ろうとのしかかっていったり、わが道街道まっしぐらだったのだけれど(爆)。お姉ちゃんだけが焦っていたようです。なかなかおもしろいので、ムスコがどこまでプッシュできるかほっておく私。そしてそんな役立たずな母の横で、乱子ちゃんの一挙一動を鋭い目つきで見張っているさち。顔が真剣だー。

そんなわけで、「さすが、お姉ちゃん。」なさちでした。




↓ぽちっとお忘れなくお願いします。
FC2 Blog Ranking
05:35 イギリス育児事情 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。