05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

久しぶりにお菓子を作ったら...

2006/06/29
久しぶりにお菓子なんぞを作ってみたら...

...失敗。


やはりか。レシピ上のバターの分量にのけぞってしまったので、ちょっと減らしたのが致命的。やはりレシピには忠実に、が鉄則ですね。でも何度同じ間違いをやっても懲りない私。

とりあえず出来上がったのは、Apple & Cinnamon Oat Slice。Delia Smith の「HOW TO COOK」のレシピを使いました。お味はアップルクランブルの上の部分といったらいいのかしら。材料もほぼ同じだし(じゃあ、アップルクランブルを作った方が楽だったのでは?という思いも頭をよぎるが、それは無視)。フラップジャックのネッチョリ感をなくした感じ、というのも近いかも。夫はアイスクリームと一緒に食べて、まあまあおいしそうな顔をしてたけど。でもこの人、私が作った作らなかったに関わらず、何でもおいしいというから当てにならないのよね。ほんとは、porridge oatsを使ってさっちゃんでも食べられるお菓子の開発をしたかったのだけれど、この不健康なバターと砂糖の量じゃ、更なるひねりを加えないと、1歳3ヶ月児にはとても食べさせられないわ。

Deliaさんは 夫の母も大好きなイギリスの料理家。彼女は何かを作るたびにこの人のレシピ本を参照にしています。私の持っているDeliaのレシピは先にも書いたようにHOW TO COOKシリーズ。1-3巻まで出ていて、初心者でも凝った(?)料理が作れるように、いろいろな便利器具の説明、果物野菜のベストシーズン、チーズの種類や、料理の由来等の解説つきで、外国にお嫁にきた、「その国の料理、行事、慣わし、嗜好に疎い私」にはもってこいなのよね。って、結婚して4年も経っているのに料理の腕が初心者程度、ってどうしたもんかな。はー、この調子で嗜好がイギリス人かして、体型までもがどんどんイギリス人になっていくんだろうなー。この間スーパーの帰りに見かけた女の人の後ろ姿もすごかったし。私も気をつけよう。人の振り見て...だわね。







スポンサーサイト
23:09 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)

ウインブルドンの季節

2006/06/26
今日からいよいよウインブルドン テニストーナメントが始まりました!イギリスの夏の催しといえばえばやはりこれよね。サッカーにはあまり興味のない私に言わせると。といっても、テニス狂なわけでもないのだけれど...

去年の今頃は産後3ヶ月で忙しくて、テレビでも見ていた記憶がないけれど、今日はさっちゃんと一緒に観戦してます(テレビでね)。実際に見に行ったのは2年前。朝の4時から並んでセンターコート以外は全部観戦できるチケットを購入したものの、慣れない早起きと早朝の寒さの中をじっと並んでいた疲れがたたり、午後にはヘトヘトで5時には退場させていただきました。ちび連れの今ではちょっと無理かな。準備万端なイギリス人達はテント、ゲーム類、食料、毛布当、思いつく限りの「快適・行列待ち」グッズを持参して、待っている間もそれはそれは楽しそうでした。なんて幸せな人たち...

はー、二年も前なのね。この季節が来るたびに、なんだか悲しいようなさびしいような気分になります。というのも、2年前のウインブルドンの直後に父が癌にかかっていることを知らされ、去年のウインブルドンの直前に亡くなってしまったのです。テニスが大好きだった父を一度でも連れて行ってあげたかった。。。私と母はしっかり見てきたけど。お父さんごめん!どこまでも親不孝な娘を許してね。

オープニングの今日はあいにくの曇り+雨の典型的イギリスウェザー。せっかく見ていた杉山選手の試合も雨で一時中断中。でも、だんだん押されてきていたから、流れを変えるということでよかったのかも。がんばれ!愛ちゃん!!さっちゃんにも、「ほら、あんなふーに上手にテニスが出来るようになるといいね」ってさりげなく洗脳を試みる私。が、1歳3ヶ月のおひいさまは聞く耳持たずで、彼女の関心はもっぱら私の手に握られたベビー用フルーツシリアルバーのみに注がれていました。

ウインブルドンとは全然話が違うけど、今朝、さっちゃんは朝ごはんの終わりに「ごちそうさま」って手を合わせて言う代わりになぜか「おっちんとん」といっていた。なぜー???

23:59 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。