07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

あなたはどっち派?

2006/08/30
ついに決断の日がやってきた。とうとうこれを購入する日が来るとは…

…ベビーハーネス。

巷では「犬じゃあるまいし、子供に綱つけるなんて、かわいそうだわ!」という意見が多いらしい。でも私は街中など人、車の往来が多い場所では便利そうだな、と思っていたところ。まあ、いつもの公園への散歩にはさすがに必要ないけれど。里帰りの際に空港を利用するので、さっちゃんをコントロールするにはちょうどいいではないか!大体、18ヶ月の子供がバギーに乗ったまま、何時間も空港ロビーでおとなしくしてくれるわけがない。それならいっそ、綱の届く範囲で、一緒に歩き回って、その有り余るエネルギーを消費して,搭乗後にはおとなしくお昼寝でもしてもらいたいのよね。なんて便利な優れもの。手をつなぐにはさっちゃんの背がまだ足りないので、こっちが前傾姿勢になって、腰が痛いわ視界は狭まるわで、あまり安全じゃない。ハーネスでつないで一緒に歩けば、さっちゃんが人に当たったり押されて引き離される事もないし、安心。し.か.も.今回うちが買ったのは、ピンクのそりゃかわゆらしいもの。おまけにPrincessって書いてあるよー!!
こんな感じ↓

20060830063749.jpg


イギリスでは結構使っている人も多いし、日本ほど冷ややかな視線を浴びる事もなさそう。別に浴びたって構わないけれどね。

ベビーハーネス、可愛いと思った人も、そうでない人も、とりあえず↓を押してください。よろしくね。
blog ranking



スポンサーサイト
07:05 育児 | コメント(4) | トラックバック(0)

奥が深ーい。道のりは遠いな…

2006/08/16
先週末は夫の幼馴染数人がわざわざこの僻地にある我が家まで訪れてくれた。おっ久しぶりー。やっぱり、なかなか会う機会って無いからね。この年齢になると結婚する友人も多く、「今度会うときは誰かの結婚式の時だね。」がお決まりの別れ文句になり、1年に一回会えればいいほうなのかな。
まあ、それはさておき、はーーーーーー疲れたー。英語が、英語が英語があああああああ!通じん(涙)。毎日以心伝心で私の機嫌を損ねないように、先へ先へと回ってくれる夫のおかげで、私の「外人」丸出しな英語は進歩するどころか後退の一途を辿り、まるで使い物にならない代物になってしまっていたらしい。がびーーん。(今まで気がつかなかった私も迂闊だったけど。普段話す近所のおじちゃん、おばちゃんは私の発音に慣れてしまったようで、一応会話は成立しているし)。夫の友人たちは「 …(poohsticksの言っている事分からないけれど一応微笑んでおこう)」又は「 ?? (でも聞き返したら悪いよね)」という反応、あるいは夫の方にこっそり「通訳頼むぜ」光線の連射、そして「ぱーどん?」の連発をしていた。
更に、落ち込む私に追い討ちをかけるようなエピソード。みんなで海へ行った帰りに、標識を見て私が「ねえねえ、この "Burgh Island"の"Burgh"の発音って、童謡に出てくる"Baa Baa Black sheep"の"baa baa"と同じ?」と聞いたところから、[з: ]と [α: ] の車内猛特訓が始まってしまった。大体字面を見た時点で、違うと分からん私も私。(これでも英文学・言語学科卒です・汗)。うわーん、発音できない!どうしても口の半開き状態と舌の位置が思うように操れなのよね。

まともな発音ができるようになったのは、家へ帰ってきてさっちゃんのお風呂タイムの時。うわーい。でも、集中して発音しないとうまくいかない(涙)。こんなんじゃあ、おフレンチの練習どころじゃないな。がっかり。イヤイヤ、こんなことで負けてはいかん。。。

しかし、ほんっとに精神的に疲れた週末だった。こんな私を元気付けるために、今日の一押し↓どうぞよろしく
blog ranking

01:46 ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0)

おーめーでーとー!

2006/08/08
本日、夫にChartered Engineer認定証が届いた。これで晴れて公認技術者になりました(彼は船のデザイナーさん)。はー、よくがんばりました。おめでとう。小論文と面接で合否が判定されるらしいのだけれど、面接前にあんなに緊張している夫を見るのは久々。こっちまで心配になっちゃったよ。私があたふたしてもしょうがないのはわかっているけれど。大体、CEngが何を意味するかも、ネットで調べるまで分かっていなかったもんね(←ばか嫁でごめん)。この資格を取ったからといってすぐにどうこうできるということではないけれど、持っているに越したことは無いし。ネット情報によると、イギリスの合格者平均年齢は28歳だけれど日本では43歳だって。何でだろう? 資格保持者数も少ないみたいだし。じゃあ、いつか日本に行ったら、誰か雇ってくれるかしら?それとも、メジャーな資格ではないし、あまり必要とされないかな?

面接数日前、義母からの電話でうっかり面接の話をこぼしてしまった私。電話を切った後に夫から、口が軽すぎると文句を言われてしまった。いつものことだけれど。まあ、結局受かったのだからいいじゃん、なんてね。

さっちゃんは認定証が欲しくて欲しくてたまらないようで、抱っこされながらしきりにひったくろうとしていた。…渡したら,こっぱ微塵に粉砕するんだろうな、きっと。しっかりしまっておきましょう。最近は結構高い所にも手が届くようになってきたから、うっかりするとテーブルの奥の方に置いてあるものにまで、爪先立ちでふるふるしながら手を伸ばして取るんだよね。油断もすきも無い。

ともあれ、おめでとうな日でした。

夫のがんばりに、今日もぽちっと押してくれたらうれしいです(私ががんばったわけでは無いけれど、便乗しちゃおう)。

blog ranking

07:35 週末の過ごし方 | コメント(6) | トラックバック(0)

ふと気がついた事

2006/08/05
最近ふと気がついたこと。それは…

…さっちゃんの足首と夫の足首は目を疑りたくなるほど瓜二つ。

「すっとん」とずんどうなところといい、両足で立った時の体重のかけ方まで気持ち悪いくらいに同じ。二人揃って左足の外側にすこーし重心が傾いているみたい。やはり親子だわ。妙な所に親の一部が見え隠れ。恐るべしDNA。でもねえ、いくらなんでも、そんな所が似なくったって、と思ってしまう。せっかく(と言っていいのだろうか)ぎゃーじんのお父さんを持ったのだから、鼻が高い、とか、彫りが深いとか、そういうのを受け継げばいいのに。よりにもよって足首。なぜー??顔はしっかり私似で、あっさりさっぱり日本人。でも、それでもやっぱり可愛いけど。(注・私が可愛いから、ということではなくてね)。靴だって、靴下だって、足の部分はぶかぶかだぼだぼしているのに、足首の留め金やゴムの部分はしっかり食い込んでるし。見ていて痛々しいわ(この間サンダル履かせたら赤く擦り切れてた)。

私の母はさっちゃんの足首があまりにもぶっとく、それでいて不均等に小さな踵をしていたので、歩けるようになるか心配していたけど(もう少し前は、まさに踵が足首に埋もれている感じだったから)。ちゃんと歩くし、走るし、つま先立ちだってできるもんね。もっと運動するようになったら引き締まるのかな?でも夫だって小さな頃から、やれラグビーだ、クリケットだと、なんだかんだ運動していたのに未だにあんな(!)足首しているから、運動量とは関係ないのかも。まあいいか。お年頃になってさっちゃんが文句を言ってきたら、夫にせいにすればいいし(ゴメン)。と言いつつ、私の足首もあまり麗しい代物でもないけどね。でも「くびれ」は一応ある …かな。いや、あるはず(笑)。


今日も一押しよろしく↓
blog ranking

07:35 ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)

絶妙なタイミング

2006/08/02
夫の車が駐車中にぶつけられた。

夫によると、家から出た時にちょうどその瞬間を目撃したので、つかつか加害者の車に近寄ってじろりとにらみを効かせると、相手が決まり悪そうに「あっ…も、もしかしてあなたの車ですか?」と聞いてきた。相手も駐車しようとして当たっただけだったから、たいした被害はない筈だけれど、嫌みったらしくしっかりその場で被害がどれくらいかを確かめたらしい(案の定被害は無かったのだけれど)。
ここまで聞いて、「じろりとにらみを効かせた」云々の部分に疑問を感じたので、思わず「ねえねえ、今度からさあ、腕に偽物の刺青とかして、もっと強面のお兄さんを演じた方がいいんじゃない?」といってしまった。大体ねえ、夫はラグビーやってる割には雰囲気がやんわりしすぎなんだよね(それがいい時もあるのだけれど)。あまり相手に精神的圧迫をかけるのには向いてないみたい。反対に、売られた喧嘩は買わずにいられない、若しくは、揉め事をわざと起こそうとする傾向にある私としては、もっとしっかり、くどいくらいに「主張」しておきたいのよね(←何をだ?)。

このコメントにかなり傷ついた夫は、今度そういう場面に出くわした時にする「怖い形相」&「態度」を披露。その瞬間、

…うぷぷぷぷっ。

絶妙なタイミングで噴き出すさっちゃん。

もうこれには夫婦揃って大ウケ。そりゃあダメだわね、そんな貧相な表情じゃ全然怖くないもん。娘にまで却下された「強面イメージ」は門外不出となるんだろうな。



今日も一回ぽちっとよろしく
blog ranking



07:27 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。