03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

髪の毛と腕の毛

2007/04/27
本日の髪の毛カット代、10ポンド也。

…うぷぷ、安っ。安いに越したことはないものねー。しかも家まで出張サービスまでしてもらって、あー、幸せ。さっちゃんを預けて平日にわざわざ美容院になんて行けないもんね。主婦の行動には束縛が多いのです。

カットしてもらっている間中、漂う安心感。やはり、日本人の美容師さんに切ってもらうと違うのよね。プリマス市内の大学に通う学生さんなのだけれど、日本で美容学校卒業してきたのですって。だからお上手です。ボリューム満点な私の髪の毛をずいぶんと小型にしてくれました。久しぶりに私の頭が軽ーい。…て、中身ではありませんよ(注)。Yさん、ありがとうございました。

そういえば、「毛」に関連して話を飛ばすけれど、イギリス人を含めたヨーロッパの女の人って、腕毛の状態にまったく関心を持たない人が多いのよね(←何を今更言っているんだって感じだけれど)。この間、子供番組の中で、粘土アーティスト(?)が色々作っているのを見ていた時に、粘土細工の上手さにも感心したけれど、それ以上に作り手の腕毛に目が釘付けになってしまった私(汗)。だってだって、その手はとても綺麗ですべすべで、しなやかそうで、どう見たって女の人の手。でも、腕毛の量はゴリラ並み(愕)!どんな人が作っているのか見たかったけれど、残念な事に、手+腕以外は露出なし。

それにしても、いくら大半のヨーロッパ人が気にしないからって、あそこまでの腕毛はどうかと思うよ(…って、ここまで言っておいて、そのアーティストが男性だったらどうしょう)。


↓ ぽちっとお願い。↓

blog ranking








スポンサーサイト
07:13 日常 | コメント(5) | トラックバック(0)

またねー

2007/04/24
今日は来なければいいなあ、と思っていた日でした。

妊婦時代から家族ぐるみで仲良くしてもらっていた「プリマス通信」のりえらんさん一家が、5年にわたるプリマスでの生活を終え、日本に帰国してしまいました。はーーー悲しい。

お友達と一緒にプリマス駅までお見送り。あふれる涙をこらえる事が出来なかったなあ。ハンカチを出すのさえもどかしくて、一緒にいたお友達に涙を拭いてもらう始末(←ありがとう)。情けない。自覚している以上に動揺してしまって、なんだかお別れを言うのがぎこちなくなってしまった。渡そうと思っていた物を渡しそびれるし、お見送りの後(途中かも)、駅でお金落としてなくしてしまうし、帰りにお友達の車のドアをさっちゃんのほっぺにぶつけてしまうし(←ゴンッて音したよ!さっちゃん、号泣)、もう、落ち着けー、自分!!

普段は元気いっぱいのみーちゃんもなんだか今日はおとなしかったし、さっちゃんもやはり雰囲気の違いを察してなのか、それとも親の私をコピーしてなのか(!)ぎこちなかったなあ。子供心にいつものバイバイと違うのがわかったのかしらん。

きっとしばらくの間は、さっちゃんに「みーたん?りーたん?」と毎日しつこく聞かれるのだろうなー(涙)。今まではいつも一緒に遊んでもらっていたから。

まあ、遠く離れているとはいえ、まったく会えなくなるわけではないしね。6月に里帰りした時にはまた遊んでもらう約束もしたし、元気を出そう。

プリマス永住友の会でも結成しようかな…。


入会希望者もそうでない方も、クリック↓お願いします。ポチッ。

blog ranking

02:37 ひとりごと | コメント(6) | トラックバック(0)

イースターホリデー

2007/04/10
イースターホリデー最終日である今日は、ナショナルトラストが管理するLydford Gorgeへ。

ホリデー初日の金曜日はいつもの海辺でまったりお散歩、土曜日はPaignton Zooで童心に返り、そして日曜日は夫にロ-ストラムを焼いてもらい、しかも後片付けまでさせてしまうというだらけた私を締め上げるように、ホリデー最終日の演目は「活動的」なものだったわー(涙)。

Tavistockを抜けて、Okehamptonに程近いこのLydford Gorgeの見所は、30mの高さからしぶきを上げて流れ落ちる滝、通称「White lady waterfall」。と言っても、華厳の滝とかと比べたらこじんまりとした印象を受けるのは否めないけれど、まあ、綺麗。2箇所ある駐車場のうち、滝に近い方の入り口から入れば、チビ連れでも滝まではさらっとたどり着けました。…滝まではね。ガイドブックには、「森林散策コースは全工程2時間程度」と書いてあったので、さっちゃんを連れている私たちは滝周辺でうろうろして、ピクニックをしてすんなり家へ帰る予定。…だったのに、結局、4時間以上かけて一周全部回ってしまった(涙)。はー、しんど。階段好きなさっちゃんの為、「なだらかだけど長距離コースのA」ではなく、「急斜面と岩場を抜ける短距離コースB」を選択してしまうおばかな私達。だって滝を見たら引き返す予定だったんだもん。でも、滝までは下り坂。いい気持ちで滝壷までたどり着いてから、ものすごい急斜面を降りてきた事に気付いて、青ざめる私。こんなの登り返すの絶対嫌!と言うわけで、前進しかできなくなってしまったのね。
川辺で持ってきたサンドイッチ(作・夫)を食べて元気をつけてから、仕方なく、いやいや、元気に出発。それにしても足元悪っ!入場料取ってるんだから、もっと整備にお金かけてよね、とか思ってしまった。冗談抜きに崖っぷちな所も何箇所もあったし。まあ、子連れでない散策者にはそこがおもしろいのだろうけど。驚きだったのは、足場の悪さにもかかわらず、この強行コースBに杖を突いているお年寄りが何人もいた事。ひえー。老イギリス人、さすが…。

木立の間を流れる川に沿ってうねうね続く小道を通り、崖っぷちを抜け、上がったり下がったりして、なかなか楽しい散策だったけれど、やはり、犬と2歳児と意味もなくでかいピクニックセット一式を抱えている者たちには、結構きついのよね。

やっとの思いで中継地点(私たちが車を止めた所とは、散策コースをはさんで逆っ側)にたどり着いて、アイスクリームを食べながらしばしの間、憩いのひと時。今まではアイスクリームが大っ嫌いだったのに、先日行った動物園で食べたアイスクリームが美味しかったのか、ここでもモリモリ食べるさっちゃん。さっちゃん一人で一個食べるのは多すぎるので夫と仲良くシェア。…のはずだったのだけれど、結局お父さんはお情け程度しか分けてもらえてなかったみたい。

リターン行程は急斜面もなく、わりと楽に制覇。はー良かった。日が暮れる前に戻れるか心配になりかけたよ。やっとの思いで出口にたどり着いた時に夫がふざけて「もう一周どお?」と聞いてきたけれど、とっさに冗談を返す気力もないくらい疲れてしまった。

そんなこんなで、活動的な一日だったねー。今日はよく眠れそうだわ。

押してくださーい。
blog ranking




07:19 プリマスあれこれ | コメント(6) | トラックバック(0)

またまたハッピーバースデー

2007/04/02
birthday costume



土曜日は『プリマス通信』発信者、りえらんさんとこの姫、みーちゃんと我が家のさっちゃんのjointバースデーパーティーをしました。

2週間違いで生まれたこの二人、いつもなかよしで双子みたい。会うたびに「はぐーっ」っと抱き合い、おてて繋いでえっちらおっちら歩いたり、おもちゃを取り合いながら、それでも一緒にくっついて遊んだり…。母親同士の妊娠期から数えたらもうすぐ3年近くのお付き合い。もう2歳かー。感慨深い…いろいろ出来るようになったねえ。

会場は我が家でという事にしてあったので、当日、りえらんちゃんと旦那様、山ちゃんには少し早めに来てもらって準備開始。サテンピンクの見た目は可愛いけれど、肺キラーな風船を山ちゃんに任せて、女性陣はケーキデコレーションとテーブルセッティング。さてこの間、私のダーリンは何をしていたかと言うと、“Happy Birthday”バナーを壁にかけたことを除いて、特に何もしてなかったなあ、そういえば…(汗)。190cmの長身でラグビーで鍛えた(?)結構厚い胸板(←ここ、ポイント高し)を持つ我が夫はなんと、風船に空気が入れられない。どうやっても無理なんだって…なんでー??。まあ、夫の言い訳をするわけではないけれど、本当に今年の可愛らしい風船は羊の皮をかぶった狼だったわー。たった5個膨らませただけで、頭くらくら、肺ズキズキ、ほっぺはぴりぴりするし、ほんと、一人で20個膨らました山ちゃん、お疲れ様でした。

ところで、2歳のバースデーテーマは、“Fairly”=妖精でした。この日のためにM&Sにて5ポンド(お買い得!)で購入したうすピンクのチュチュと羽セットを着て軽やかに(?)暴れまわる2歳児二人。何着てもかわいいねー。お揃いのピンクの羽の付いたぱっちん止めもお似合いよー。…と言っても、この日、ご機嫌斜めなさっちゃんは、ゲストが到着するや否や、脱いでしまったのだけれど(涙)。いつもは喜んで着てくれるのに、肝心な時にこうなのよね...。

1時になって続々とゲスト到着。お友達のK君は、目にも鮮やかな青いいもむし姿で登場。この後、みーちゃんとコスチュームの交換をしていたけれど、二人とも「何かが違う(!)可愛らしさ」で、皆を沸かせてくれました。いもむし君、蝶に変身!K君、チュチュが気に入って、その後も着続けていた.,,。

「ケーキ焼き」係の私は、手作りおかず班から放免されていたので、スーパーのお惣菜セレクション+おつまみを買って、りえらんちゃんお手製のジューシー鳥つくねや立派な太巻きと共にテーブルへ。このほかにも中華食材店からの湯葉巻上げやシュウマイがあったり、ゲストの一人が手作り肉まんを持ってきてくれたので、ご馳走いっぱーい。そうそう、ここ数日、いや数週間私を悩ませ、夢にまで出てきたケーキは、何とか膨らみました(ほっ)。やっぱり丸型にしたのが良かったんだね。実際、予想以上に膨らんでびっくりしたよ。さっちゃんの誕生日用に焼いたのはぺッタンこになっちゃってたからね(涙)。とにかく練習した甲斐がありました。今回は日本風に生クリームで飾って、苺とアイシングでデコレーション。さっちゃんも、もりもり食べてくれたし。←食べ過ぎだって。

バースデーガールズ達よりちょっとお姉ちゃんなお友達も着てくれたので、彼女たちに子守を任せて、母親たちはお喋りに参加できました。ありがとー!構い上手で、とても助かっちゃった。機嫌の悪いさっちゃんのことも、懲りずに誘い続けてくれたし。それにしても、家の中でくるくる回ったり、庭のトランポリンで激しく(ほんとに激しく!)飛び跳ねたり、子供って元気だねー。でもさすがに疲れたのか、体調のせいもあったのか、さっちゃんはパーティー途中でねむねむグズグズモードに入ってしまい、一足早くベッドへ。結局、そのまま翌朝8時まで寝てました。

たくさん飲んで、たくさん食べて、たくさんお喋りできて、楽しかったけれど、その分、ホステスとしてなっていなかったかも(汗)。自分のお喋りに夢中になってゲストほったらかしだったわ…。反省。もっとがんばろう。バーズデーガールズであるさっちゃんとみーちゃんが喜んでくれた事が何よりなんだけれど。喜んでくれた、かな?

ゲストの皆様、本当にありがとうございました。そしてりえらんちゃん、お疲れ様でした。

押してくださーい。
blog ranking



08:56 育児 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。