04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2009/12/28
                  Christmas table decoration



あーーーーーー、疲れた。


ムスコの誕生日(21日)に襲撃してきた義両親、さらに22日に「近くまで来ているから」と突然うちに押しかけ、フィアンセを初披露してくれた夫の従兄弟、そして24日から参戦してきた義弟No2+夫の叔母がやーっとお帰りになりました。


「何か手伝う事は無いの?」としきりに邪魔しに来る義母+夫の叔母に加え、用も無いのにキッチンに入り浸り、つかみ所の無いトークを延々繰り広げて私の神経を逆撫でする義父を追い払いつつ進められたクリスマス準備。

23 日には義母の『孫と一緒に何かやらせて』攻撃を沈めるべく、さちと一緒にココナッツスター(気が遠くなるくらい大量の砂糖と粉末ココナッツをバターと混ぜ合わせて星の形に固めたもの)とミンスパイを作ってもらいました。仕事を与えたので、しばらくは「よい子」にしていてくれた義母でした(爆)。彼らの任務終了後は、12月はじめに焼いて寝かせておいたクリスマスケーキを手作りマジパン、チェリーとピーカンナッツで飾り、その後すぐ、お茶を飲む暇も無く、義両親&子供たちを連れて街のクリスマスマーケットへ。年々しょぼくれていく我がP市のクリスマスマーケット…。別に来なくてもよかったのでは?と思ったけれど、メリーゴーランドやゴーカート、ティーカップに立て続けに乗って嬉しそうなさちの顔を見たら、やっぱり行ってよかったかも。…といっても、これらの乗り物はクリスマスのかなり前からあるので、わざわざこのクソ忙しい時に行かなくてもよかったのだけれど>爆。そうそう、サンタ小屋にも並んだけれど、全く効率のよくないシステムで、退散。名残惜しげに振り返るさちを何とかなだめて、エライ目見ちゃいました。

24日はさちと一緒にジンジャーブレッドマンを焼いて、それが終わったらさっさとキッチンから追い払い(汗)、私だけでのんびりチョコレートチーズケーキを焼いて、その後はターキーに詰めるセージとオニオン、ポークのスタッフィングと、別のお皿で焼くりんごとウォールナッツとチポラータのスタッフィングの下準備。夕方には教会で Crib Serviceがあったので、義母、さちと私でお出かけ。夫はクリスマス用のビーフウェリントンの下ごしらえとお昼寝中のだんのお守りでお留守番(こういうときに義父は全く役に立たないのです。前の日にクリスマスマーケットに行った時にだって、寒いからとお店の中に早く入ろうとサッサカサッサカ歩いていってしまって、さちが「グランパ、待ってー!」と叫んで追いかけているにも関わらず、完全無視。さちが近くにいることにも全く気づいていない様子。いつもそうなのだけれど、どこかへ出かけた時、自分の事しか見えていないようです>汗)。さて。話は戻って、さちが夜ベッドに行く前に、サンタさんには超特大・手作りミンスパイを用意し(大きすぎてコーニッシュパスティみたいになってるし…)、トナカイたちには人参を。特大ミンスパイは、その後、問題なくあっさりダディのおなかへ消えたのでした(爆)。そして夜は子供たちのプレゼントをまだ包んでいなかったので、サンタさんから用、私たちから用に分けて包装。この時点で夜中1時近く。 疲れたー。でも、クリスマスツリーの下に積まれたプレゼントの山を見たときのさちの顔を思い描いたら、無性に楽しくなって眠れなくなったのでした(笑)。
                  Christmas 2009
                  プレゼントの中身はなんだろー?

クリスマスの当日はまずパジャマのままで暖炉に吊り下げられた靴下の中のプレゼントを開封。これはサンタさんからのプレゼント、ということになってます(笑)。ピンクのリップスティックは包みを開ける前に中身がなんだか当てられちゃいました。サンタさんにお願いしたもの、ぜーんぶ届いてよかったね。リップ、飴の入った瓶、かかとの付いたピンクのサンダル(本当は大人みたいに本物のハイヒールが欲しかったようだけれど、賢明なサンタさんは子供用のちょっとだけのヒールをプレゼントしてくれました)と、ピンクのドレス。そんなに背伸びしないでゆっくり大きくなっておくれ…。さちは、この一年自分がとってもいい子だったからサンタさんがプレゼントを持ってきてくれた、と信じているようです。

サンタプレゼントの後は、大人6人+子供二人分の朝ごはんに始まり、ジャガイモ、人参、パースニップ、芽キャベツ、ローストオニオンの皮むき&下ごしらえ、スターター(海老、スモークサーモンのカナッペと豚バラのカリカリ揚げ>チリソースまたは絞りレモンを添えたもの)を用意した後は、夫にバトンタッチ。クリスマスに限らず、我が家はローストといえば夫の担当なので、「んじゃ、後はよろしく」とばかりにグラスにワインをなみなみ注ぎ、キッチンを後にする私>爆。あとは野となれ山となれー、です(違)。

朝ごはんの後には、クリスマスツリーの前でさちによるクリスマス・ショー。この日のために何度もリハーサルしたんだもんね。演目は"Jolly old St Nocholas"。歌詞も我が家用にちょっとアレンジしました。3番まであってかなり長いのだけれど、よく覚えて一人で上手に歌って踊れました。義母は感動の嵐でそりゃもう大変でした(笑)。「こんなに楽しいクリスマスを過ごさせてくれてどうもありがとう!」「今までで最高のクリスマスだったわ」と何度も繰り返していましたよ。うう、そんなにストレートに言われると照れます。

そしてこの後、やっと家族みんなからお互いへのプレゼントの開封。

夫の努力の甲斐もあり、クリスマスディナーは大成功でした。巨大ターキーもしっとりやわらかく、ビーフも完璧な焼き具合。拍手っ。クランベリーソースはフォートナムアンドメイソンのを。手作りする気もなかったです>爆。デザートも好評で、頑張った甲斐がありました。ジンジャーブレッドマンは、義弟曰く「今まで食べた中で一番おいしいジンジャーマンだった」だって。ほっ。私が作ったデザートのほかにもフォートナムのKing George クリスマスプディングとチョコレートクリスマスプディングも頂きました。義父が嬉々としてクリスマスプディング食べていた以外、ほぼ誰もノータッチ(爆)。不味くて食べられないというわけでは全くないけれど、他に選択肢があるならばあえて頼まない、的なお味というのでしょうかね(爆)。好きな人は好きなんだろうなあ…。

26日のBoxing day、27日はみんなでナショナルトラストや海へお散歩行ったりして、ちょっとだけエクセサイズ(…のつもり)。ウェットスーツ無しで寒中水泳している男性がいましたよー(驚)。冬空の下、荒波にもまれながら水泳しないといけないと思いつめるほど、クリスマスに食べ過ぎたのかしらね(←違)。
そして家に戻ってきた私達は、エクセサイズもした達成感から、大量のBoxing Day Lunch(=クリスマスの残り物。でも、私は熱々のジャケットポテトとともに食べるコールドビーフやらハムやらピクルスやらチーズが大好きです)をこれまた大量のワインで流し込んだのでした。意味ないー!!

なんだかんだ言っても、賑やかでいいクリスマスでした。色々大変だったけれど、さちが本当に楽しそうで幸せそうだったので、やっぱりそれが一番。そして、さちの幸せには大好きなNana(義母の事)やこれまた大好きでたまらないUncle James(義弟NO2の事)と一緒にクリスマスを過ごすという事が欠かせなかったんだと実感。終わりよければ全てよし、かな?




…とここで〆ておけば美しく麗しい(?)クリスマスのエピソードで終わるのだけれど、やっぱりね。綺麗ゴトではすまない感情もあるわけです。


ここからちょっとビタートークです。続きを読む前に押してくれると嬉しいです↓

FC2 Blog Ranking
実際、12月21日から7日間にわたるin-lawsとの日々はやっぱり長かった…。夫は24日の午前中まで普通に仕事に出かけていたので、援護を頼めなかったし…。

義母&夫叔母の「手伝わないと、なんだか悪いわ」という思いもわかるので、それはそれで適度にちょっかい出されても別に支障は出ないのだけれど、問題は義父。このおっさん、じゃなかった、このじじい、でもなかった、お義理父さま、はっきり言い過ぎて申し訳ないけれど、とにかくうっとうしい!のです。話の主題に入るまでの前置きは長いわ、肝心の主題はつまらんわ、人の話は聞かないわ、味覚は変だわ、文句は多いわ、ほんっとに扱いにくいというか、扱いたくないというか…。だいたい、孫の面倒はまったく見ないくせに、孫に対する文句だけはいっちょ前。テレビのニュースを聞いている時に、さちがバタバタ遊んでいると、「聞こえない」と文句をいい、居間でさちが遊んでいると「ドタドタうるさすぎ」と注意する、とんでもない爺なのです。それもやんわり言い聞かせるのではなく、なにやらとてつもなく悪い事をしたように注意するんです。別に公共の場で迷惑をかけているのではなくて、昼間に自宅で遊んで何が悪い!!その点、義母はさち&だんをものすごーく可愛がって、でもきちんとしつけ的な注意もしてくれ、まさに「痒い所に手が届く」サービスをしてくれるので、ありがたい(そのほかの点では私の逆鱗に触れることを多々しでかしてくれるのだけどね>爆)。とにかく、爺、もとい、義父は自分勝手。朝ごはんだって、作ってあげるというのに、「自分でやるから」といって、キッチンでごそごそ。もしかして、私に楽させてあげようと、いらない気を使ってくれているのかしら?…違う使いかたしてください、って感じです。こっちは彼らの「あそこへ行きたい、ここへ行きたい、○○がしたい」という要求を満たすため、分刻みの強行スケジュールの中、腹をすかせてうるさい子供たちの朝ごはんの用意をしなくちゃいけないのに、じじいったらトースト焼いてジャム塗るだけのために30分もキッチン占拠して、じゃまだったらありゃあしない。必要なものは全てトースターの前に並べてあるのに…。しかも、やっと「番」が回ってきた私が忙しく支度をしていると、また戻ってきてくっだらない話をしてくるのです。そいでもってとにかく自分のつまらない話を聞いてもらいたいもんだから、私と戸棚の間に割り込むように入ってきたり、私の移動する方へくっついてきたり、あ"ー!!もうっ!!きゃつのおかげでイライラが募って手元が狂い、お皿を3枚も割ってしまいました。ううっ。

しかもこの義父、相当なウンチクじじいなので(←最悪)、人が黙って聞いていると、おもしろくもなんともないトリビアをぐちぐちぐちぐち延々と言ってくるのです。もー。勘弁してー。さらに、こっちはこのムダ話に付き合ってあげたのに、挙句の果てには恩着せがましく「ためになったでしょ?」的なことをいって感想を求められるし。ほんっと、誰よ、こんなヤツを野放しにしたのは!!

極めつけはだんがダイニングチエアにつかまって遊んでいたら(上に乗っていたわけでもなんでもなく、床に立った状態で背もたれの部分を押していただけ)、「あぶないから」といって、だんの片方の手首のみを強引に持って吊り上げて(足、浮いてる!>汗)、椅子から引き剥がしたんです!肩、抜けるっす。←こっちの方がもっと危ない…。

何とかしてくれー。「孫が嫌い」というわけではなさそうなのだから、接し方、変えた方がいいと思うよ、おじいちゃん…。
スポンサーサイト
22:02 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
すすごい。
続きがあったんですね~~~~~。
とにかくお疲れ様でした。義父さんとはいえ、ちょっといきすぎ~~~。義母さんは見過ごしてたのでしょうか。
これに比べたら、ステ夫の義父なんて、天使です。っていうか、義母に牛耳られて何にも言えない感じだし。時々、気の毒になって、こっちから話題を振って、会話に付き合ってあげてる感じです。
この前はこの辺のお話してる、時間がなったので、今度またゆっくりと!
Re: No title
>keiko さん

お返事が遅くなってすみません。

そうなんですよー、このオヤジ、もう「空気の読めない人」の典型というか、単なる我がまなのか、いちいち頭にくることばっかり言うんです(&するんです)。
義理母は彼女自身もオヤジの言動にカチンと来ることは多々あるけれど、あえて無視、といった感じですね。彼女はもうオヤジのことは眼中にない、といった感じです(爆)。

また今度お会いした時には、in-Lawsについて熱く語り合いましょう。

管理者のみに表示
« Happy 2010 | HOME | 学期末 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。