06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

年末つれづれ

2007/12/19
クリスマスまで後数日。

今月に入って自分の中のクリスマスムードを盛り上げるため(もうすでに空高く舞い上がっているのですが)、Love ActuallyのDVDを3回ほどみなおし(何度観ても好きだわー)、日曜日には嵐のごとくクリスマスプレゼントを買いあさり、クリスマスカードを窓辺に飾って、すっかりFestive気分なPoohsticksです。

が、以下、愚痴ります。


ポチッとお願い ↓
blog ranking



そんな中、改めて自分がイギリス人社会に馴染んでいない事を痛感。大体、日本にいても私は shyで人見知りなのだけれど、イギリスという異国で英語という非母国語で接しなければならない人達に対しては今まで以上にガードが固くなってしまっているようです。それゃあ、一通り当たり障りのない会話をしたりジョークは言うけれど、それ以上腹を割って話せる同僚とかっていないのよね。今の職場だけの話ではなく、前の会社でもそうだったし。大体、私はイギリス人が嫌いなのです(爆)。英国産の夫をもってよく言うわ、と思うのだけれど。でもね、国民全員紳士・淑女なイギリス人を想像して渡英してから12年、高飛車で差別主義、そして卑屈なほどに島国根性が骨の髄まで染み渡って偏見に凝り固まった偽善者達にもみくちゃにされながら暮らしてきたら、恨みつらみも募るって物です。15年以上前のメントスのCMに出てきたフレンドリーで爽やかなイギリス人のお兄さん達を心に描いていた私は、目の前に立ちふさがった現実に嫌と言うほど打ちのめされました(このCMを覚えているあなた、若くはありませんね・笑)。

大体、最初の印象ってとっても大事。日本人同士でもそうだけれど、イギリス人が相手だとより顕著に、1.声のトーン、2.仕草、3.表情、4.目線、5.会話の方向、を観察した最初の5分で「あ、この人とは仲良く出来そう」とか「あ、無理だ」とわかってしまうのです。なぜイギリス人が相手だとこの判決がより敏速に下ってしまうかと言うと、↑ に挙げた理由によりイギリス人不審に陥っている私のガードがX100倍強固になっている為。私のプライドの高さも問題かも。こんな奴らに絶対見下されたくない、と腹の底から思っているから(爆)。あ、それと自分の理想の英語力(滞在歴と比例した、「こうであるはず」のレベル)と実際の英語力が反比例している事かしら(涙)。そもそもイギリス人は、訛りのない英語、若しくは現地民も顔負けの英国方言を話さない外国人は、たとえ分法的に正確な英語を話しても、思いっきり「あ、あなた英語できないのね」=「あなたとはお話になりませんわ」的な態度を露骨に示すのです。くーやーしー!!!だから日本で仕事していたら、こんなあほな質問しないだろうな、とか、もっと飲み込みが早いはずなのに、とかこんなちっぽけなミスはしないだろうな、とか悶々と考えてしまうのです。夫の仕事はそりゃあ大変だろうけれど、非母国語で対応しつつ周りから見下されながら仕事をしている私のほうがよっぽど大変だ、と思ってしまう時もありです。もちろん、夫の仕事の方が大変なのですよ。が、もうこうなると、被害妄想は膨らむばかり。そしてだんだん私自身が上記のいやらしい特徴を有したイギリス人化していくのよね。英語レベルは外国人なままで(涙)。

と言うわけで、私よりほんのちょっぴり前に仕事を始めた同僚が他の同僚と悩みを打ち明けあったり、仕事外でつるんでいたりするのを見ると、羨ましくもあり、悲しくもあり。別に私の悩みを打ち明けたいわけではないのだけれど(しかも私の悩みの中心にはあんたらも絡んでいるし)。

夫曰く(そして彼も叔母までも!)、同僚たちを含め私が忌み嫌っている周辺イギリス人達は、私が思っているような悪意なんてさらさら持っていない、と言うのですが。私自身の思い込み、ね…。でも直感+培われた経験が物を言うのよ。

そんな妄想癖をもつ私を慰めてくれるのは、いわずと知れた我が家のおひいさま、さっちん。この間も、テレビの番組中、お母さんと男の子が消防車の高ーいはしごの上に乗っているのを見てビビる私に、「マミー、さっちんが付いてるからぁ、大丈夫だよっ」といって、毛布を持ってきて私を包んでくれました。はー、なんてやさしいの…。職場にかわいいさっちんを連れて行って、同僚たちの腐った心をMerrowさせて魅了したら、私に対する態度も変わるかしら、なんて考える今日この頃です。

ポチッとお願い ↓

blog ranking


スポンサーサイト
09:24 日常 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
Poohsticksさん大変な思いをしてらっしゃるんですね。そうですよね、異国の地で暮らすということは色々なことがありますものね。
私はイギリスでの生活がうらやましいなと思ったりしてましたがそんな簡単なものではないですよね。反省・・・。
さっちゃんの癒しがあって救われますね。
大変なこともあるでしょうが頑張ってください!
>猫仙人さん、
応援ありがとうございます!!
イギリスでの生活はそれはそれで楽しい事も多いのですが、やはり、人付き合いって大変ですね。あー、イギリス人。特に女!!根性悪だわ!!
Poohsticksさん、イギリスで働いてらっしゃるから、人一倍、ひしひしといろんなことが伝わってくるやね。働いてない私でもPoohsticksさんのおっしゃってることと同じようなことを感じるんだもの。
あまりストレスためないでね。今度愚痴大会ひらこう!もちろん、アルコール入りでね!
poohsticksさんはいつもがんばっていてすごいなと思っているよ。多くの視野も心もせっまーーーいイギリス人達に負けずに挑んでいく姿は尊敬ものですよ。でも、やっぱりつらいと思うこともあるのね。我が家は二人して日本人だから、二人そろって嫌な対応をされることってけっこうあるよ。この前だって電車の中でじじいに「この中国人め」みたいなことをいわれて、ほんとーーに腹が立ったよ。言い返してやろうかと思ったけど、そうすると相手と同じレベルになっちゃうから、必死にこらえたよ(苦笑)。poohsticksさんのエンジェルはうらやましい!
>coleseyさん、
フルで働いていないので、ストレスになるところまで入っていないのですが、でもねえ、イラっときます。
愚痴大会!!大賛成!!アルコール、飲んでいいの?

>Kitty-chan、
負けずに挑んでるって、喧嘩っ早いだけかも(笑)。
そんなじじいに寛容な態度で接する事が出来たKitty-chanがすばらしいです。おっさん、それなりの年食って生きていたのだから、何か人生で学ばなかったの?とか聞きたいわ。がんばろうねっ!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。