FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

その後

2008/10/17
金曜日。例の如くバレエクラスの日でした。

教室に着いたとたん、Evelynママからにっこりと笑顔ビームを浴びせられてしまい、ちょうどあいていた隣の席へ。開口一発、Eママ、「さっき、Evelynに『おふざけはしないでしっかりレッスンに集中するように』って言っておいた所なの。先週はひどかったからね」だって。うーん、それって暗に、わたしからさっちんへもレッスンの前に忠告しておいてくれっていうとっても”subtle”なお願いなのかしら(汗)。ううっ。とりあえずさっちんには「楽しんで、ビューティフルに踊っておいで」といって舞台の方へ送り出したのですが。そんな私の横でEママ、すでに舞台の上にいるEvelynちゃんに向かって「ほらっ。きちんと座って待っていなさいって言ったでしょっ!!」と叫んでいました。こわっ。

さっちんは、母の葛藤に気づいているのかいないのか、とにかく、羽目もはずしすぎずに、楽しそうに踊っていました。もちろん、ある程度の「おちゃらけぶり」は残したままね。自分の番が終わった後は、Evelynと何やらちょっかいを出し合って遊んでいて、何度か先生にも名前を呼ばれていました(汗)。でも先生が指導している時は、しっかり先生の顔を見て話を聞く事が出来ていたし、えらじゃないの、さっちん。3歳児のクラスなんだし、あんまりスパルタで取り組んでも、やる気をなくさせるだけと思っている親は、(このクラスで)私と夫だけなのかしらねえ。イギリス人って、もっとおおらかで適当に構えているもんだと思っていたけれど、やはり期待を裏切ってくれましたよ。もっと違う所で「厳しく」して欲しいわ。Inland Revenue やCity Councilの職員の教育とかね。


実は、この日のレッスンの後、Eママは先生の所へ言って、『子供たちにもっと厳しく接してくれるように』お願いしたらしいです。ああ、来週からどうなる事やら。ちなみにEvelynちゃんは来週はIrelandへホリデーに行くのでお休みだそうです。先生の厳しい指導はうちの娘に集中されるのかしら…。




応援してください↓
blog ranking




スポンサーサイト
10:10 バレエ | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
うっ!^^;
なんて頭の固い・・・・・!
あんまり注意しすぎると、私みたいになっちゃいますよぉ!^^;
『段々親と口を聞かなくなり、親に心を開かなくなったって、
そういう子が、知り合いに居て、大変だった』と、言ってあげましょう♪『子供をしかった後は、抱きしめて上げましょう☆』って。

もう3歳のさっちゃん♪
3歳だと、もう上手にお友達と遊べるようになる、時期ですね☆~*さっちゃんの笑顔が、毎日の栄養ですね☆^^v
No title
>kaorukoさん、
娘っちさんがあんなに素敵な女の子に育っているのだから、カオルコさんはすばらしい育て方をされているのだと思いますよ。きっと必要な厳しさと優しさをいいバランスでね。

ああ、子供の友達よりも、その親同士の関係って難しいです…。しかも私は彼ら生粋のイギリス人にとって『外人』だし。



そう言えば、、、
娘が小さい頃、幼稚園でストレス溜まってて、
思いっきり我がままになった事があり、
思わず、叩いてしまって・・・叩いたら、すっごくショックだったらしくって、ごめんなさい!ごめんなさい!って脅えて泣いちゃって、
私もびっくりして、パニッくって、抱きしめてよしよししました。
そんな事もふと思いました。TT
私も、娘と一緒に、成長しました~♪
子育てってたのしいですよね* ^^v
子供がいくつになっても、愛情一杯に可愛がってあげたいと思います☆
No title
>kaorukoさん、
そんな事もあったのですねー。娘っこちゃんは賢いから人一倍色々思うところがあって、幼稚園生活のストレスが溜まっていたのかもしれないですね。それにしても我が子のおびえた顔って、親をもの凄いパニックに陥れますよね。それでもその後のフォローが肝心なのですよね。

子育てを通して、日々色々学ばせられます。私も親として人として成長しているといいなあ…。



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。