FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

しっかりしようよ

2008/11/14
…お母さん。

今日はナーサーリーでChildren in Need(恵まれない子供たちの生活環境の向上を目指すチャリティー)のキャンペーンでした。今月始めにナーサーリー・ニュースレターでもお知らせがきていたし、連絡ノートにもきっちり「明日はChildren in Needだから、募金と仮装を忘れずに!!」と書かれていたのにもかかわらず、家の玄関を出る瞬間まですっかり失念していました(汗)。いえいえ、募金の事はちゃんと覚えていましたよ。シュレックのフィオナ姫に紛して練り歩く予定の保母さんのスポンサーになっていたから。問題は仮装よ、仮装!!

普段着の可愛げのないジーンズ姿で玄関先にたたずむさっちんを見つめながら、私の頭の中は真っ白になってしまいました。そしてドラマのようにカッチン、カッチンと大きな音を立てる時計の音…。ぎゃー!!
一番先に浮かんだのは、ハロウィーンの魔女の衣装。いやいや、この間着たばっかりだし。次に焦る頭に思いついたのは、バレエのレオタード。これもしっくりこなーい!!


一人であーでもないこーでもない、とあわあわしながらたどり着いたのは、さっちんが誕生日会で着た大柄水玉模様のワンピースと、ディズニーランドで買ったミニーマウスのヘアバンド(例のおっきな水玉リボンと耳がついているヤツ)。別々に買ったのに、グッドタイミングでマッチングだわ。即席「さっちんミニー」の出来上がり。ワンピが夏物だけれど、細かい事は気にしない、気にしない。

保育園についたとたん、見事な「ミニチュア」ダースベーダーと遭遇。さっちん、怖がって引いていました(笑)。このほか、スポンジボブに扮した保母さんや、なぜかハワイアンな保父さん、そしてフィオナ姫の姿も。保育士さん達、気合入っているなあ。子供たちも色々なカッコをしていました。それにしても、あー、思い出してホントによかった。この集団コスプレの中で、もしさっちん一人が普段着だったなんて、かわいそう過ぎるー!この繊細で微妙なお年頃に、「みんなと違う=浮いている」という経験を持たせたら、えらいこっちゃ。

その昔、小学校就学直前に幼稚園を変わった私は、「どうせあと少しだから、全部みんなとお揃いでなくてもいいじゃない。子供なんだし、大丈夫よ♪もったいないし(←これが重要!)」という両親の勝手な決断で、体操服もかばんも一人だけみんなと違ったの。別にそのせいでいじめられたりしたわけではないし、すぐにみんなと仲良しになったけれど、お遊戯会で一人だけ「指定の体操服」ではないものを着て踊ってい時の惨めさは、今でもしっかり覚えています。←根に持ちすぎ?? あんな気持ちは絶対にさっちんに味わわせたくなーい!Peer Groupに馴染む安心感を味わった後、色々経験して個性を確立し、自己流を築くならともかく、さっちんくらいの年齢・成長段階で突然「さ、はい!大人の都合でみんなと違うけど、ヨロシク。『違っても平気』という強い根性を養ってください」というのは酷である、と思うのです。

お迎えに行ったら「可愛く仮装できました」と小さな賞状を貰いました(嬉)。帰りがけに園児たちがチャリティー用に作った、もの凄い黄色でカラーリングされているクッキーと、保育士さん達の焼いたPudsey(チャリティーマスコットのクマちゃん)スコーンを購入。黄色いクッキーはぜひダディーに、というさっちんの強い希望で夫のおやつに。…夫によると、もの凄くまずかったそうです(笑)。夫、一口食べた後に、さっちんの目を盗んで、こっそりキッチンまで行って捨ててました(爆)。さっちんはスコーンを食べていたのだけれど、そっちは普通においしかったみたい(夫はさっちんから一口、おすそ分けしてもらってました)。

ああ、なんだか疲れた一日でした。遠い記憶の彼方までメンタルトリップもしちゃったしね、なんて。

押してください!
blog ranking
スポンサーサイト
17:14 育児 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
出掛けに思い出して良かったですね。即席仮装でもミニ賞状をもらえたなんてすごい。「さっちんミニー」かわいかったんだろうな~。

>大人の都合でみんなと違うけど、ヨロシク。『違っても平気』という強い根性を養ってください」というのは酷である

ハイ!わかりますっ(鼻息荒)。私の母親はまさにそのタイプだったので、嫌な思いをすることが多かった私は「いつか本当のお母さんが迎えに来てくれる」と信じていました(笑)。幼子心には小さなことが深ーい傷となって残ることもありますからね。私も気をつけよう・・・。

それにしても

>夫によると、もの凄くまずかった

って(爆)。
さっちん確信犯か!?

No title
>ぽめさん、
わはは、私も思っていました!実は「貰われっ子」で、いつか本当のお母さんと劇的な再会をはたし、迎えに来てもらう、と。何かのミュージカルみたいだわ(笑)。私の母の立場にたったら、ひどい言われようですけどね(爆)。

娘は確信犯です、はい。普段なら「さっちんにも一口ちょうーだーい!『しぇあー』するとおいしいよー」と迫ってくるのに、今回、夫にあげたクッキーには全くもって執着がありませんでした。ダディーをいじめる事に喜びを覚えているのかなあ…(汗)。
No title
お久しぶりです。そちらもだいぶ寒くなってきましたか?
さっちんのミニーマウス見たかったな~とても可愛かったでしょうね。
私もよく忘れるからあせるのよく分かります。手にかいてても忘れたときにはもうあきらめましたが(笑)
クッキーはパパさんも嬉しいような残念なような複雑ですね~きっと大きくなったらおいしいクッキーを食べさせてくれると願いましょう。
No title
>猫仙人さん、
お久しぶりです。返信が送れてすみません。
こちらはもの凄く寒いです…。たまに家の中のほうが外よりも寒いのではないか、と思うときもありです。朝からヒーターをガンガンかけてますよー。
ついつい忘れてしまいますよねー(汗)。手に書いても忘れるって。(笑)。でも。お母さんは忙しいのです!!しかも朝の支度の最中は戦場ですよね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。